ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【スポーツの秋】新しく運動をはじめたくなるマンガ3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


過ごしやすい気候のシーズン、秋がやってきました。
秋といえば何を思い浮かべますか? 読書の秋……、食欲の秋……、そしてやっぱり“スポーツ”の秋!

普段運動する方も、インドア派の方にもおすすめしたい【おもわず運動したくなる漫画3選】をご紹介いたします。
 

1.初心者もテニスが詳しくなる!?『LOVe(ラブ)』(石渡治 著)

(c)石渡治/小学館
テニスを題材にした名作漫画は数多くありますが、今回おすすめしたいのは女性ヒロインが活躍するテニス漫画『LOVe(ラブ)』。ヒロインの名前は高木愛。通称ラブちゃん。

ヒロインのラブちゃんは12歳の天才少女ですが、最初は全くのテニス初心者。船上での壁打ちボレーができず四苦八苦。
「何度失敗しても…
自分が納得するまではやり続けろってーー!!」

と、楽しく特訓! スポ根漫画はこのアツさが最高ですね。その後、ラブちゃんが、テニスを始めるストーリーなのですが、テニス漫画内ではテニスのルールや解説が入るので、最初読んでて「ホウホウ、なるほどね~」と、テニスが全く無知な人でも、ちょっと詳しくなれるかも?

漫画本編は、その後性別と年齢を偽って男子高校へ入学。テニスの対戦では、「くじらサーブ」を筆頭に「いるか」「オルカ」「ラッコ」と、だんだん必殺技が増えてく少年漫画らしい展開となりますが、ラブちゃんが上達していく様をみているとなんだかウキウキ! 全巻読み終えるころには、テニスを始めたくなってくるはず。テニスラケットとボールを持ってテニスコートへGO!
~『LOVe(ラブ)』 あらすじ~
幼い頃から父と世界中を飛び回っていた少女・高樹愛は、小笠原諸島へ向かう途中にテニスの壁打ちを続ける少年・鯨岡洋平と出会い!? ド直球の青春スポ根テニス漫画です。全30巻

 

2.踊って楽しいヒップホップダンス『昴(すばる)』(曽田正人 著)

(c)曽田正人/小学館
ダンス漫画『昴(すばる)』。過酷なバレエの修行シーンが多い本作品での息抜き場面となる、作中のヒップホップシーンをご紹介しましょう。

ヒップホップを題材にした映画や漫画では、なぜだかダンスバトルの対決シーンがたくさん登場します。この『昴』でも、もちろんダンスバトルスタート!

負けん気の強い天才少女、すばるちゃんは、ダンスチーム“サリュー・ジル”と対決を挑み「オレのダンスを正確にトレースできたらお前の勝ちだ」とリーダーのタクと、バトルします。本当にこんなことあるのでしょうか?と、思わずツッコミいれたくなるシーンですが、思いっきりダンスバトル。

最後はみんなで楽しくヒップホップ! 躍動感溢れる絵が特徴の曽田正人さんの作品。読んでいるうちにヒロイン、スバルちゃん達とともにヒップホップを楽しみたくなってくるはず!

あ、そしてドレッドヘアのキャラってすんごい踊れちゃえそうなのはなぜでしょうか。
~『昴(すばる)』 あらすじ~
踊ることへの情熱がたっぷり描かれたバレエ漫画作品。全11巻。

 

3.背筋がシュッと伸びる弓道『駅から5分』(くらもちふさこ著)

(c)くらもちふさこ/集英社
大学で皆に敬遠されているお姫様ガール、水野 楼良(みずの ろうら)。ある日、圓城 陽大(えんじょう はると)に一目ぼれ。

なんとか振り向いてもらおうと、陽大の姉、圓城 雛(えんじょう すう)に弓道を習うことに。結果、それまでずっと貫いている“お姫様ルック”スタイルを捨てて弓道を始めることになるのですが、イケメンの圓城 陽大に一目ぼれしたからだけではなく…
弓を射るとき その方の目は
的をしっかりと見据えていて
本来のお姿に戻られているような気がします

と、作中で語られる印象的なシーンが弓道の魅力を物語っています。

ここで「弓道をしている姿に惚れている、弓道を知りたい」といった動機も感じさせられます。弓道で必要な集中力のトレーニングのたまものでしょうか。シュッと背筋が伸びるような、弓道。部活やサークルなどでこの秋にトライしてみては。

なお、この回は、水野 楼良(みずの ろうら)、圓城 陽大(えんじょう はると)、圓城 雛(えんじょう すう)、それぞれを主人公に3パターンで展開。主人公の変化に合わせて、心理的なシーンや風景の視点が変わるのが魅力。花に染むのスピンオフ作品なので合わせて読んでみて。
~『駅から5分』 あらすじ~
花染町を舞台に、すべての作品がどこかつながっているストーリー展開が魅力の短編漫画。既刊3巻

 

やったことないスポーツにトライしてみては?

いかがでしたか? まずは、読書の秋でガッツリ漫画をよみ、さらにスポーツの秋に、今までトライしたこたがないスポーツもたしなんでみては?

 
※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:erini 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP