ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【SNSで話題】NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!

我々が子供のころから親しんできた、昔ながらの和菓子たい焼き。最近ではカスタードクリームが中に入っていたりと、どんどん今風に進化してきていますよね。けれどそのたい焼きが、我々の想像を超えた大幅な進化をニューヨークで遂げていました!

たい焼き+アイスクリームの「Taiyaki NYC」

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!
(C) Taiyaki NYC

これが、そのたい焼きのニューヨーク・スタイル進化形「Taiyaki NYC」。大きな口を開けたたい焼きの口に、ソフトクリームが盛られています。

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!
(C) Taiyaki NYC

トッピングもたっぷり!

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!
(C) Taiyaki NYC

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!
(C) Taiyaki NYC

サカナ型を使い、コーン部分を焼いていきます。大きな口が可愛いですね。

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気
(C) facebook/Taiyaki NYC

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!
(C) Taiyaki NYC

ちなみに、たい焼きコーンだけではなくカップでも食べられるそう。

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!
(C) Taiyaki NYC

アイスクリームはバニラ、チョコ、抹茶に黒ゴマをミックスフレーバーも含めて6種類から選べます。しかも驚いたことに、コーンの中にはあんこかカスタードをチョイスして入れられるのだとか。トッピングも含めて、たい焼きアイスは1個7ドル(2016年10月現在約725円)。カップアイスは4ドル(約414円)。うーん、ぜひ食べたい!

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!
(C) Taiyaki NYC

ではこのたい焼きアイス、いったいどんな経緯で生まれてきたのでしょうか。

■あわせて読みたい
絶対チェックするべきニューヨークの絶品ベーグルショップ6選
ニューヨークベストクッキー!?行列ができる「Levain Bakery」

世界中で愛されているアイスとワッフルのコンビネーション

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!
(C) Taiyaki NYC

たい焼きアイスを生み出したのは、主に東アジア系移民としてアメリカで生きている若者たち。旅好きの彼らは、自分たちのルーツでもある(日本も含む)東アジアの国々で美味しいモノを食べ歩き、あることに気がつきます。

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!
(C) Taiyaki NYC

それは、「アイスとワッフルは、世界共通で美味しくてみんな大好きだね!」ということ。そのアイディアに日本で食べたたい焼きが合体し、ついにニューヨークで「Taiyaki NYC」が誕生したのです!

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!

(C) facebook/Taiyaki NYC

チャイナタウンの一角に2016年9月にオープンしたお店は、新しいものと美味しいものに目がないニューヨーカーの間でインスタグラムなどのSNSを通し話題を呼んでいます。

NYで新たな進化?たい焼きアイスクリームが人気!

(C) Taiyaki NYC

もしニューヨークに行く機会があれば、日本生まれのスイーツの進化形をぜひ食べてみたいですね。

xhttps://www.youtube.com/watch?v=FCKqYdgCSsM
【YouTube】Ice Cream Cones from Taiyaki NYC

[Photos by Shutterstock.com]
[New Yorkers Are Going Crazy For These Adorable Fish Ice Creams]
[Taiyaki NYC]

■あわせて読みたい
美味しいものを少しずつ。ニューヨークで今一番旬なタパス・バーの秘密
【ニューヨークB級グルメ探検隊】チャイナタウン最強のチャーシュー丼

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。