体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かかった費用は10万円弱 DIYで和室を洋室に自力リフォーム!

畳の和室をDIYで板張りの洋室にリフォームをした体験記

いつかDIYで自分の家をリフォームしてみようと思っている方も多いと思いますが、素人の手でどれくらいまでできるものなのでしょうか。実際に自宅の和室を洋室へとリフォームした様子をレポートします。

築30年以上の和室を、板張りの明るい洋室にリフォームしたい!

私が妻と娘2人の4人で住んでいる家は、築30年以上の賃貸一戸建て。長女が小学生になったので、物置にしていた和室の6畳間を子ども部屋にするべく、できるだけお金を掛けずにDIYでリフォームすることにしました。もちろん大家さんには了解済み。ちなみにDIYの経験は、網戸の張り替えくらいしかやったことのない素人です。【画像1】この古い旅館の一室のような部屋を、明るい子ども部屋にしたい!(写真撮影/玉置豊)

【画像1】この古い旅館の一室のような部屋を、明るい子ども部屋にしたい!(写真撮影/玉置豊)

まずは砂壁に白い塗料を塗り、襖(ふすま)を張り替えてみよう!

DIYによるリフォームで最初に手を付けたのは、ちょっと暗い印象のある壁の塗り替えです。個人的にはこの和室のままでもいいと思うのですが、子どもたちはこの部屋を怖がって入ってこようとすらしません。この壁が明るい白色になれば、きっと印象も変わるはず!

砂壁なので一般的な壁紙を張るという訳にはいかないため、ホームセンターで現状の写真を見せながら店員さんに相談し、珪藻土タイプの塗料を塗ることに決定。砂壁をほうきで掃いて落ちる砂は全部落とし、さらに壁を含めた部屋全体に掃除機を掛けて、柱などをマスキングテープで保護します。マスキングテープは幅が広めの方が使いやすいようです。【画像2】塗料がついては困る部分をマスキングテープで隠す(写真撮影/玉置豊)

【画像2】塗料がついては困る部分をマスキングテープで隠す(写真撮影/玉置豊)

下準備ができたところで、珪藻土タイプの水性塗料を適当に水で薄め、ペンキ屋さんになった気分でローラーを使ってゴロゴロと塗っていきます。角などの塗りにくい部分はハケを使い、全体を塗り終わったら一日置いて二度塗りをしました。【画像3】ホームセンターで砂壁に直接塗れる塗料という便利なものを教えていただきました(写真撮影/玉置豊) 【画像3】ホームセンターで砂壁に直接塗れる塗料という便利なものを教えていただきました(写真撮影/玉置豊)【画像4】一度塗りでは砂壁が透けていましたが、二度塗りをすることで白い壁へとリニューアル(写真撮影/玉置豊)

【画像4】一度塗りでは砂壁が透けていましたが、二度塗りをすることで白い壁へとリニューアル(写真撮影/玉置豊)

壁が白くなったことで襖の汚れがより目立ったため、アイロン圧着タイプの白い壁紙を襖の上から張り付けました。これですべての壁面が明るくなったのですが、『旅館の本館』から『旅館の新館』に変わっただけという印象。これでは子どもたちが納得してくれません。【画像5】壁と襖を白くしても、まだまだ和室のままです(写真撮影/玉置豊)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。