ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安眠を得るために。あなたの寝室から断捨離したい8アイテム

DATE:
  • ガジェット通信を≫


秋も深まり、涼しくなって眠りやすい季節になりました。でも何となく熟睡できないのは、寝室に邪魔なアイテムがあるからかもしれません。旅行から帰ってきた荷物が、そのまま部屋に置きっぱなしでは? 安眠を妨げる不要なものが、寝室に多くありませんか?

近藤麻理恵さんの片付け(コンマリ・メソッド)は、 NYタイムスでも評価されています。思い切って、断捨離しましょう。

あなたの部屋から、今すぐ断捨離したいアイテム8個とは?

1.古いまくら


今使っている枕は、いつ頃購入したものでしょう? 古いぺったんこの枕では、安眠しにくいかもしれません。枕を半分に折って、元の形に戻ろうとしない場合、買い替え時期。合わない枕を使っていると、首が痛い、肩こりがする、熟睡できないなど、不健康をもたらします。高さ、大きさ、素材があった寝心地の良い枕は、ぐっすり安眠出来ます。

2.なんとなくおきっぱなしで散らかったもの


旅行後、旅のムードに浸っていたいため(?)片していない、パンフレットやサングラス、アクセサリーなど細々したもの。次のお休みに片そうと思っていて、そのままになっていませんか? 明日といわず、今片付けましょう。

■あわせて読みたい
寝室に置いておくだけ!快眠、安眠をサポートしてくれる8つの植物
【おやすみ前にどうぞ】眺めると安眠できそうな、ほっとする世界の七絶景
お部屋を片づけると痩せるってホント?ダイエットと片づけの意外な関係

3.すでに読んだ本


ベッドで本を眺めるのが、寛ぎの時間というあなた。でも、読んだ本が積みっぱなしになって、かなりの部屋のスペースを取っていませんか? 本棚に戻すなり、処分するなどして片しましょう。

4.着ていない服


クローゼットがパンパンで、何がどこにあるか分からない。
開け閉めするのも一苦労。
新しい服を買ってみたら、袖を通していないほぼ同じものが出てきた。

など、私たち多くの女性が繰り返しているのが、このパターン。
去年着ていない服は、多分この先着ることはないでしょう。2年以上着ていないものは、もったいないと思わず処分しましょう。痩せたら(太ったら?)着ようと思っている服も、同様に処分の対象です。痩せたら、ご褒美に新しい服を買えば良いのです。

5.使っていないメイクアップ用品


出なくなったマスカラ、あまり使わない口紅、顔に似合わなくなったアイシャドウ、 使いづらくなったアイブローペンシルなど、引き出しに溜まっていませんか? いつか使うかもしれない? いえいえ、使わないものです。古い化粧品は、有害なバクテリアの温床にも。思い切ってゴミ箱へ。余分な化粧品がなくなると、スッキリしますよ。

6.古い電化製品


以前の古い携帯電話、壊れためざまし時計、使わなくなったパソコン、カメラ。何となくとってあるけど、この先使う見込みはないですね。処分しましょう。自治体によって、廃棄の仕方が異なるので、要チェックです。不要の携帯電話は携帯ショップへ、2003年10月以降販売のパソコン(PCリサイクルマークがついたもの)は、メーカーで無料引き取りしてもらえます。

7.読まない雑誌


なんとなく買った雑誌やフリーペーパー。いつか読もうと思って、そのまま置きっぱなし。そのうち情報も古くなります。これ以上積み重ねないよう、さっさと処分しましょう。

8.あなたの携帯電話


ベッドにまで持ち込むと、安眠のさまたげ。SNSやメールが気になり、いつまでやってもキリがありません。気がつけば深夜遅くまで、携帯を見ていることもしばしばなのでは? 休前日ならいざ知らず、明日も仕事があるのであれば、携帯のスイッチは切る、別の部屋に置くなどしましょう。

筆者こそほとんどが該当するという、耳が痛い話です(苦笑)。よく考えてみると、部屋にあるものの大半は不要なものばかり。涼しくなった今こそ、思い切って断捨離しましょう。部屋がスッキリすると、よく眠れるばかりか、運勢も上がりそうです。今の時期に片しておくと、年末の大掃除の時にも楽ですよ。

[10 Things to Remove From Your Bedroom Immediately]
[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP