ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歯磨きするたびに歯茎から出血。もともと弱いところは妊娠中に悪化しやすい?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠中、何かしらの体調不良やトラブルが起こる方もいると思います。

私が見舞われたトラブルは、”歯肉炎”。

事の始まりは、妊娠5ヵ月を過ぎたころ。歯磨きの際に血が出ていることに気が付きました。

始めは、「まぁ、そのうち治るだろうと」とそのままにしていたのですが、しばらくしてから、また別の場所にも、腫れと出血が出てきました。

また、その出血の量がハンパなく、毎日磨くたびに出血があり、不安に襲われました。

妊娠中は、胎児にも栄養を届けるため、貧血など起こしやすく、出産時に必要なの血液を蓄えなる為、鉄分を摂らないといけないと聞いていました。

歯茎の出血を見て、「このままじゃ歯茎の出血で血液不足になる」と今となっては、考え過ぎだなと思うような思いにかられました。

ネットで調べると、妊娠中の歯肉炎や歯周病は胎児に影響する可能性があると書いてあり、不安になり妊娠7か月くらいの時に歯医者に行くことにしました。

歯医者さんに診てもらったところ、妊娠中はホルモンのバランスやつわり・胃腸の不調により胃酸が逆流して、歯を傷めやすく歯茎も腫れやすくなるとのことでした。

また、妊娠前から歯茎の腫れはあったのですが、腫れる場所が親知らずの場所で、その時は「ストレスや疲れで腫れたんだろうね。元々歯茎が弱い人で、疲れやストレスで歯茎に貯まった食べカスなどに菌が繁殖し、炎症の原因を作ったりしている」との診断を受けていました。 関連の漫画記事:すみません!虫歯舐めてました!! by つかさちずる

妊娠中なので使える薬が限られるため、とにかく歯磨きを徹底的にして、歯の清潔を保ちましょうとのことでした。

しばらくは、歯石も貯まっていたので、歯石取りに歯医者に通っていました。

自分ではとりあえず歯磨きに時間をかけ徹底的に磨き、先生から貰った歯磨きフロスで、歯と歯の間の食べカスや歯垢を取り除きました。

すると、以前ほど出血が少なくなり、腫れも気持ち引いてきた感じでした。

歯石取りが終わると歯医者の通院も終わり、「また腫れてきたら来てくださいね」と言われました。

しばらくして出産、初めてづくしの育児でバタバタしていましたが、ある日歯茎の状態が気になり、見てみると歯肉炎がなくなっていました。

あの時の腫れは何だったのだろうかと思うくらい全くなくなっていました。

今の歯茎は健康な状態です。たまに腫れ気味にはなりますが、妊娠期程ではないです。 関連記事:陣痛より痛かった!予定日一週間前の歯の激痛。恐怖の虫歯体験

妊娠前に持っている何かしらの不調が、妊娠を機によりひどくなったりするんだなと思いました。

いろんな方が様々な不調を抱える妊娠期ですが、気になったらとりあえず専門医の所に行き、指示をあおいで実行することだと思います!

著者:ポチ子

年齢:32歳

子どもの年齢:0歳

昨年、出産し、子育て中新米ママです。毎日、新しい発見や戸惑いがありながらも、毎日バタバタ過ごしています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

普通にしているだけでHPがどんどん減っていく…!受難続きの「にんしんステータス」 byネジ子
夜は眠れず、朝起きられない…妊娠中期から乱れた睡眠リズムを取り戻すべく悪戦苦闘
両手先のしびれ(妊娠後期のマイナートラブル)

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP