ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

将棋界激震のカンニング疑惑 囲碁界は大丈夫か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月12日、将棋界に激震が走った──。日本将棋連盟が、三浦弘行九段(42)を年内の公式戦出場停止処分にしたと発表したからだ。ことの発端は、三浦九段が対局中に不自然な中座を繰り返すことから、スマートフォンの将棋ソフトを使って、いわゆるカンニングをした疑いを持たれたことによる。

 この事件は、将棋界だけでなく、一般のニュース番組でも詳しく採り上げられるなど世間の関心を集めたが、「お隣の世界」である囲碁界は大丈夫なのか。朝日新聞紙上で囲碁名人戦の観戦記を20年にわたって執筆している観戦記者の内藤由起子氏が解説する。

 * * *
 10月11日に将棋連盟が聞き取り調査を行った中で、三浦九段は「疑念を持たれた状況では対局できない」として、挑戦者に決まっていた第29期竜王戦七番勝負に出場しないことを申し出たという。しかし休場届の提出が期限までになかったことから、連盟は、出場停止処分を決めた。

 10月15日に始まった七番勝負には、挑戦者決定戦で三浦九段に敗れた丸山忠久九段が繰り上がって出場。挑戦手合出場者が交代するというのは、異例中の異例だ。

 三浦九段はカンニング疑惑に対して、「離席して別の部屋で体を休めていた。やましいことは何もしていない。今後の対応は弁護士と相談する」と否定している。本当に三浦九段がカンニングしたのかどうか、確たる証拠は出ていない。

【囲碁界の反応】

 囲碁の元名人である武宮正樹九段は「将棋連盟は冷たい対応だねえ」と三浦九段に同情していたが、高尾紳路九段は「仲間の棋士が『黒』と言い切っている。それを信じる」と、三浦九段に懐疑的だった。

 また、依田紀基九段は自身のブログで「三浦九段の対応が僕にはどうも腑に落ちない。(中略)もし僕が棋聖戦の挑戦者に決まって、身に覚えのないことで疑いを掛けられて、七番勝負の出場を停止させると言われたら、(中略)徹底抗戦します。身に覚えがないなら、持っているスマホなどすべて警察に提出して解析させたらいいじゃないか? と思う。なんでこんなにあっさり引き下がれる?」と疑問を呈していた。

【囲碁界も、人ごとではない】

 ふだん、囲碁の総本山である日本棋院で打たれているプロの対局は、昼食、夕食ともに休憩時間がある。これは将棋界も同じだと思う。

 休憩時間は盤の前に座っていることが許されておらず、離席せねばならない。食事は、出前は現在できないので、弁当を持参する以外は外に出て食べるほかない。食事を終えても休み時間中は、自分の対局室に入れないので、棋士は他の対局室に入って碁を見て、対局再開を待つケースがほとんどだ。

 スマホなどの電子機器については、鳴らないように電源を切るなどの注意はあるが、持ち込みについての規定はない。

 対局中は、どこにいてもかまわないのだが(自分の手番で離席すると、その分、持ち時間が減るだけ)、手洗い以外は行く場所がない。棋士が検討している記者室や棋士控え室には入ると気まずいので、ほとんどの棋士が入ってこない。

 結局、手洗い、自販機で飲み物購入のほかは、盤の前に座っているしかなく、観戦記者として私が見ている対局者は、ほとんど対局室の中にいる。

【家の名誉をかけて戦っていた江戸時代】

 もともと囲碁界は江戸時代から家元制だった。そのころは、一局を数日間にわたって打っており、門下で研究が可能だった。

 こんな話が伝わっている──。1933年、中国から来た新進気鋭の呉清源五段(20)が16人のトーナメントを勝ち抜いて、「日本囲碁選手権手合」に優勝した。呉は、最後の世襲制本因坊である秀哉名人(59)に、先番で対局することになった。

 持ち時間はひとり24時間。13回の打ち掛け(中断)をはさんで、1934年1月29日に終了した。13回目の打ち継ぎ直後に、秀哉が歴史的妙手を放ち、優勢を決定づけ勝ちに結びつけた。

 ところが後日、秀哉の弟子である前田陳爾が見つけた手であるとの説が雑誌に掲載され、大騒ぎになったという。真相は現在も不明のままなのだ。

 本因坊秀哉名人と呉清源の戦いは、日本の伝統対中国の若手という構図だったといえる。このときの門下総出の研究は、当然の成り行きだったと多くの人が想像するのは自然なことだった。

【個人の実力制に移行した現代】

 現在は家元制は廃止され、個人の実力制に移行している。棋聖、名人、本因坊の三大タイトルの挑戦手合いは2日制で打たれる。タイトル戦はほとんど、旅館やホテルで打たれる。食事や宿泊ができる場所で、なおかつ他者との交流を断ち、情報が入らないようにするために、対局場を旅館などにしたのだ。

 しかし月日が経ち、状況が変わってきた。他者との接触は防ぐことができても、情報網が発達した現在、インターネットの情報などを簡単に手に入れられるようになったのだ。そうなっても、これを防ぐ手段は採られていない。

【カンニングのチャンスはあるか】

 対局者はスマホなどを対局室に持ち込んでいないという。自室で保管ができるし、対局室で万が一音を立ててしまうほうが問題だからだ。中座は2、3分程度の常識的な長さである。対局中のカンニングは考えられない状況だ。

 カンニングのチャンスがあるとすれば、打ち掛けの晩、自室でひとりになる時間帯だ。少し前まではNHKの中継放送を対局者が見られないように、対局者の自室のテレビを主催者側の要請で細工していたこともあったが、現在は携帯電話やタブレット端末など情報を得る手段はいくらでもある。

【将棋界との違い】

 将棋界と大きく違うのは、コンピュータの性能だ。将棋はパソコン、スマホの機能を使えば、トッププロと少なくとも同等レベルのソフトを利用することができる。

 一方、囲碁はそんなわけにはいかない。元世界チャンピオンの李世ドル九段をディープランニング社のAI(人工知能)ソフト「アルファ碁」が破る半年前、欧州のプロ棋士と勝負した際に使ったハードウエアは、1202台のCPUと176台のGPU(グラフィカル・プロセシング・ユニット)で並列処理させたという。

 大量のデータを蓄積し、豊富なITインフラを惜しげもなく使える状況が必要というわけだ。消費電力もばかにならない。要は現在のところ、囲碁はトッププロの実力を持ったソフトウエアを利用するのはほぼ不可能なのだ。

【将来のために対策を】

 とはいえ、囲碁ソフトに詳しい大橋拓文六段は自身のブログで、「あと1年もすればプロレベルの囲碁AIが数多く登場するのは間違いなく、2年以内でプロレベルの囲碁AIが普通のPCで使えるようになるでしょう」と予言(!?)している。囲碁界としても今のうちに対策などを考えておく必要はあるだろう。

 日本国内だけの将棋でもこれだけ大変なのだ。国際棋戦があり、他国との対局が避けられない囲碁界は、より一層の準備が必要になる。棋士としても疑われない状況を作ってもらえるほうがありがたいと思うはずである。

●ないとう・ゆきこ/囲碁観戦記者・ライター。神奈川県出身。朝日新聞紙上で「囲碁名人戦」観戦記を担当。各種囲碁誌などに取材記事、エッセイ等執筆。著書に『それも一局 弟子たちが語る「木谷道場」のおしえ」(水曜社)、『囲碁の人ってどんなヒト?』(マイナビ出版)。

【関連記事】
米で生まれ育ち日本で囲碁棋士になった男性が半生を綴った本
美人棋士「『待った』は喧嘩の元」と超基本的マナーを伝授
羽生善治氏と井山裕太氏 将棋と囲碁の天才2人が「8冠対談」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP