体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「涙が出るのは頑張ってる証拠だねぇ。良いお母さんになるよ」つわりの中、電車で出会った人たちの好意に涙

f:id:akasuguedi:20160928100745p:plain

ある日の出来事

その日は、なんだかいつもよりつわりがひどい気がしました。

朝ごはんを即座に戻してしまいましたが、まぁいつものことか、と思いながらいつもの電車で出社しました。

でもなんだかおかしい。

会社まで普通に歩いて20分。

その日は全然歩けず、45分でやっと到着。

業務に取り掛ろうにも気持ち悪く、すぐにトイレへ。

昼食を食べても戻してしまう。

何度も「帰ろうかな」と思いましたが、帰るのも体力が要るので

「体調が回復したら帰ろう」と考えていたら結局定時になってしまいました。

外へ出ると、さっきまで晴れていたのに小雨が降っていました。

やっとの思いで駅へ辿り着くと、そこには『雷と大雨の影響で電車がストップしています』の表示が。

駅にはベンチもありませんので、立ちながらいつ来るかわからない電車を待つしかありませんでした。

30分、1時間たっても来ない。 関連記事:私の仕事は中学校保健体育教師。体験したからわかる「妊婦の辛さ」と「人のありがたさ」

もう限界…と思った時、やっと電車がきました。

座りたい…!と思ったけど、皆が乗り込むその電車にダッシュで駆け込む元気もなく、私が電車に入った時はもう満員でした。

私の顔は青ざめていたんだと思います。心優しい男性が

「座っていいよ、大丈夫?」

と声をかけてくださいました。

嬉しさと申し訳なさと情けなさですでに涙が出そうでした。

お礼を言って座ると、隣に座っていた母と同じくらいの年齢の女性が、「つわり?しんどい?これ、おばちゃんが働いてるパン屋の袋だけど、吐きそうになったら使いな」

と紙袋をくれました。

さすがに電車で吐いたらいけない、と思った私は

「ありがとうございます、でも…」というと、

その気持ちを察したかのように

「大丈夫。誰も見えないようにおばちゃん隠したるから」

と笑顔で言いながら私に紙袋を持たせてくれました。

本当にありがたくて、涙が溢れました。

すると、その女性の隣に座っていたご友人が

「涙が出るのは頑張ってる証拠だねぇ。良いお母さんになるよ」

と励ましてくれ、それ以降最寄り駅につくまで、席を譲ってくれた男性、優しい女性お二人が時たま「大丈夫か?」と声をかけてくれました。

不思議とつわりが引いていく気がしました。

最寄り駅まで到着し、三名の方にお礼を言うと

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会