ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性より女性の方が好むお酒は?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ある時はリラックスするために、ある時は話を弾ませるために、または疲れた自分へのご褒美に、大人の生活には何かとお酒がついてまわります。

最近では、『お酒は夫婦になってから』(小学館刊)というようなお酒をテーマにしたマンガが人気を集めたり、『世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)といったお酒の飲み方の本も出版されるなど、注目度の高い「お酒」。

日常的にアルコールを口にする習慣がある人も多いと思いますが、「気軽に飲めるお酒」として何を選んでいますか?

ワイン情報サイト「ワインバザール」は、お酒を月に1回程度以上飲む20~69歳の男女4057人を対象に「お酒種類別の飲む頻度」に関する調査を実施。その結果を公開しました。

■男性より女性が好むお酒とは

調査によると、飲む頻度が一番高かったのは「ビール」。

ビールを飲む人のうち、53.4%が週に2~3回以上は飲んでいることになります。次いで飲む頻度が高かったのは「焼酎」で、週に2~3回以上は飲む人は43.0%でした。

一方、ワインやカクテルは飲まれる頻度がそれほど高くないようです。多くても月に2~3回しか飲まない人が、「ワイン」では63.9%、「カクテル」では70.2%を占めています。

また、性別や年代ごとに飲む酒に違いが見られた点も興味深い点。

「ビール」「日本酒」「焼酎」「サワー/チューハイ」といったお酒は男性の方が飲む頻度が高い一方で、「ワイン」「ウイスキー」については、女性の方が頻繁に飲んでいるという結果になりました。。

年齢を重ねるにつれて飲む頻度が高くなるのが「ビール」「焼酎」。「カクテル」については若年層で飲む頻度が高めで、「日本酒」は20代と60代で飲む頻度が高くなるようです。

この結果が「予想通り」だった人も「意外」だった人も、お酒とは仲良く付き合っていきたいもの。

飲み過ぎはほどほどに!

※本記事の調査結果はいずれもワインバザール調べ。画像はワインバザールの調査レポート詳細ページより引用

(新刊JP編集部)

■ワインバザールの調査レポート詳細:(http://wine-bzr.com/article/report/7665/)

【関連記事】

元記事はこちら

ホントにお店なの? 息をのむほど美しい世界のレストラン&カフェ

「カレーの玉ねぎを細かく切る必要はあるのか?」を問う出版イベントが開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP