ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SF映画の金字塔『ブレードランナー』続編のタイトルは『Blade Runner 2049(原題)』に決定、全米公開は2017年10月

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SF映画の金字塔にしてカルトクラシック的な存在となっている名作『ブレードランナー』。その続編のタイトルが『Blade Runner 2049(原題)』になることが発表された。さらに、ヴィルヌーヴ監督、リドリー・スコット、ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリングがセット内で談笑する画像も同時に公開されている。

フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を映画化した『ブレードランナー』(1982年)は、ハリソン・フォードの主演代表作でもある。この続編でもハリソンが主役のデッカードを演じ、監督を務めたリドリー・スコットが製作総指揮を、ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を担当する。また本作には、ライアン・ゴズリングやロビン・ライト、ジャレット・レトといった人気俳優陣が多数出演することも話題だ。

物語は1作目から数十年後、ディストピアと化したロサンゼルスを舞台になるようだが、正式タイトルが発表されたことで、当然ながら「2049年が舞台なのでは?」という予測も飛び交っている。

老デッカードはもちろん、ゴズリングやレトら若手イケメン俳優たちがどのような役柄で活躍を見せるのか? 1作めのファンならずとも気になるところだろう。全米公開は2017年10月6日予定。

■参照リンク
http://www.ew.com/article/

■フォトギャラリー
【ギャラリー】気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】122
■フォトギャラリー
【ギャラリー】愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬間【おもしろフォト集】125

関連記事リンク(外部サイト)

矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
​マジで強い!カバ裏最強説再び 凶悪なサメを瞬殺で一蹴【動画】
パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」
マツコの「待ち合わせに遅刻している時の言い訳メール」がスゴい!脳科学者も絶賛
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP