ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

迷うシャンプー選び、基本は乾燥肌orオイリー肌で決めよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日直接肌に触れるものにはこだわりたい。化粧品はもちろんのこと、シャンプーもその一つでしょう。でもシャンプー選びって何を基準にしたらよいのか分かりにくいですよね。それほど難しく考える必要はなく、化粧水などと同じように、頭皮が乾燥肌かオイリー肌か、という基準で選んでみると良いのです。

シャンプーの界面活性剤ってなに?

シャンプーの成分は主に、水(約70%)と界面活性剤(20%)、その他の成分(香料・コンディショニング剤10%未満)からできています。何かと悪く言われる界面活性剤ですが、実は洗剤成分ではないのをご存知でしょうか。普通、水に油を混ぜると分離しますが、界面活性剤にはこの二つを混ぜ合わせる働きがあります。油汚れというのは水だけでは落ちないものです。しかし界面活性剤のおかげで油汚れが水に混ざり、汚れが浮きはがれる仕組みになっているのです。だから洗剤といわれるものにはほとんどの場合、界面活性剤が入っており、シャンプーも同様です。ただ一言に界面活性剤といってもその成分は様々で、必ずしも髪を傷めるというわけではありません。必要なのは、自分の状態に合わせて界面活性剤の成分を選ぶことなのです。

主な3種類のシャンプー

シャンプーは界面活性剤の種類によって主に次の3つに分けられます。

○高級アルコール系

市販の多くのシャンプーはこのタイプです。泡立ちよく洗浄力が強く、皮脂をしっかり洗い落とせるのが特徴です。デメリットは髪や頭皮に対する刺激が強めなことです。頭皮がオイリーな方や、スタイリング剤をつけた時などに使用するとよいでしょう。

○石鹸系

アルカリ性であるため洗浄力が強く毛穴までしっかり洗えますが、皮脂を落としすぎてしまう傾向にあります。しかし石鹸系は高級アルコール系よりも髪や頭皮に与える刺激が少ない分、安心して使えます。アルカリ性のため洗髪後は髪がゴワつくので、酸性リンス(酢やクエン酸など)で中和する必要があります。

○アミノ酸系

刺激が少なく髪や頭皮に最もやさしいシャンプーです。しかしその分、洗浄力が弱くなります。あまり汚れていない時や、乾燥が気になる方向きです。

髪・頭皮の状態に合わせて選ぶ!

肌同様に髪や頭皮も人それぞれ、油っぽかったり乾燥気味だったりと異なります。髪に優しいからとアミノ酸系シャンプーを選ぶ方もいらっしゃるかもしれませんが、逆に頭皮に汚れが溜まってしまいトラブルとなることもあります。高級アミノ酸系シャンプーを使用していて髪や頭皮に問題がなければ、そちらの方が合っている場合もあります。上手に選んで健康な髪・頭皮を育んでいきましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP