ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

THE MODS、35周年のクライマックスを迎える日比谷野音にて森山達也が完全復活!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デビュー35周年を迎えたTHE MODSが、10月15日このアニバーサリー・イヤーのクライマックスとなるライブ『THE MODS TOUR HAIL MARY』を日比谷野外音楽堂にて開催した。

ツアー自体は4月からスタートしたものの、4月8日に名古屋BOTTOM LINEにて行なわれた公演で森山達也(vo)が膝の半月板を損傷するというアクシデントに見舞われ、その後のツアー日程はキャンセル、延期を余儀なくされている。それから約半年にわたる懸命なリハビリを経てついに復活、豪雨の中行なわれた1982年のライブ、そして5年前の30周年記念ライブといったMODSヒストリーには欠かせない伝説的なステージを行なってきたここ日比谷野音に帰ってきた。

定刻の午後5時30分に開場、続々と会場内へ入場してくるファンからはこの劇的な復活ライブへの期待感がひしひしと感じられ、高揚感が徐々に会場を埋めつくしていく。35年間の活動を支えてきたさまざまな世代の3,000人を超えるファンが詰め掛け、場内は開演を前にすでに総立ち状態で、各所からMODSコールが熱く響きわたっていた。

午後6時30分を少し回った頃、彼らの盟友でもあるTHE MACKSHOWのコージー・マックこと岩川浩二が登場、そのMCに導かれ、真っ赤なカーペットが敷き詰められたステージへとTHE MODSの4人が登場、オーディエンスのテンションもピークに達した。「COUNTER ACTION」など3曲をプレイ後、森山がいつもと同じように第一声「THE MODSです」と発すると、復活を待ちわびてきた満場のオーディエンスからひときわ大きな歓声が沸き起こった。その後も代表曲「激しい雨が」「HEY!! TRAVIS」や、苣木寛之(g)北里晃一(b)がそれぞれリード・ボーカルを取る「Rock-a-hula-billy」「POGO DANCING」といった楽曲など全22曲を披露した。計3度におよんだアンコールは「LOOSE GAME」に始まり、開演前のMCも務めた岩川が参加しての「LET’S GO GARAGE」、そして「TWO PUNKS」などファンとってはたまらない楽曲の数々を披露、終演を促すアナウンスが流れてもファンの熱いMODSコールが鳴り止むことはなかった。

2ndアンコール最後には森山の「35周年を迎え、このツアーでみんなに届けたい曲ができた」というMCとともに「STAY CRAZY」が演奏された。キャリア35年を経ても決して守りに入ることを良しとせず、さらに研ぎ澄まされたTHE MODS流のロックンロールを貫いていこうという宣言にも取れるこの楽曲に込められたメッセージは、きっとこの日集ったファンのひとりひとりに突き刺さったに違いない。

この日のステージで完全復活を遂げたTHE MODSは、延期となっていたツアー「THE MODS TOUR 2016 “HAIL MARY” Round 1」が11月3日より予定されており、最終日の12月6日は、THE MODS誕生の地である福岡で公演が行なわれる。詳しい公演内容などはオフィシャルHPをチェックしよう。

■THE MODS オフィシャルHP

http://www.themods.jp/

アルバム『CAUTION FILE -THE MODS ROCKAHOLIC BEST2-』
発売中

RHCA-28/¥3,000+税

<収録曲>

■CD

01.SHITSVILLE

02.CRY FOR THE MOON

03.シャレたクツの下に

04.GUNS IN THE JAIL

05.THE RIGHTS

06.MAKE SOME TROUBLE

07.HAIL HAIL ROCK&SOUL

08.STOP BREAKIN’ TIME

09.ROCKAWAY

10.WHAT A WONDERFUL WORLD

11.PISTOL SLAPPER

12.ロックをトメルナ

13.ROCKA ACE

14.Amの詩

15.KILL THE NIGHT

16.BADLAND

17.今夜がチャンス

18.STAY CRAZY

19.NOT FADE AWAY

■DVD

メンバーやモッズゆかりの方からのインタビューを収録

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP