ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テンテンコ、1stミニアルバム「工業製品」リリース決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テンテンコの1stミニアルバム「工業製品」が、12月14日にリリースされる。

今作は様々なアーティストを職人として迎え、テンテンコの歌やパーソナリティーをまるで工業製品の部品のごとく1枚のCDに構築している。アイドル、フリーランスとしての活動を経て、水没事故や廃墟でのライブ、日本全国での活動が全て経験としてストックされ、彼女の表現欲求を工業製品としての芸術を今作に濃縮させた。

収録曲には「放課後シンパシー」も含まれ、全楽曲異なるプロデューサーとの共同制作によって構成されている。本来彼女が得意としているテクノ、エレクトロミュージックの要素を残し、歌謡曲的なアプローチも含め無意識に口ずさんでしまうようなメロディに仕上がっている。

今作品も前回同様長尾謙一郎氏がアートディレクターを務めている。

工業製品を英語に訳すと〈インダストリアルプロダクト〉という。インダストリアルとはカウンターカルチャーから派生した電子音楽の一種を指すワードでもある。今作はテンテンコとしての POP を追求したものであるが、彼女の血肉はインダストリアルで構成されており、決して一筋縄ではいかないPOPSが収録されている。

11月には日本全国で予約会も実施される。

リリース情報
ミニアルバム「工業製品」
2016年12月14日(水)発売
TFCC-86578 1500円+税

関連リンク

テンテンコ オフィシャルサイトhttp://tentenko.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP