ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手つかずの自然紅葉,に感動!乗り物から見るベスト紅葉3選【富山】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

徐々に寒くなり2016年ももうすぐ紅葉の季節がやってきます。

事前にチェックしておでかけの計画を練りたいところ。

今回じゃらんがご紹介するのは富山の紅葉スポット。

雄大な山々も多く、手つかずの美しいそのままの紅葉が楽しめます。

そんな紅葉、今年は乗り物から見るのはいかがでしょうか?

合掌造りでも有名な白川郷・五箇山を流れる庄川の遊覧船、日本一深いV字渓谷を走る黒部渓谷鉄道、立山連峰と日本海の絶景が広がるジップラインと、雄大な自然の紅葉を楽しみながら眺めることが出来ます。

今だけしか見られない絶景、しっかり読んでおでかけの計画をたててくださいね。

1. 庄川遊覧船【富山県砺波(となみ)】

手つかずの自然が生み出す錦秋。


見頃/11月上旬

烏帽子岳を源流に白川郷・五箇山を流れる庄川。その庄川峡谷の小牧ダムと大牧温泉を結ぶ定期航路を兼ねた遊覧船。モミジ、カエデ、ウルシなど紅葉する木々も多いんです。

ショートクルーズもあるが、手付かずの自然が残る大牧温泉コースに乗って紅葉美に酔いしれて。

\おすすめポイント/

乗船して10分程、左カーブを曲がると赤い長崎大橋が見えます。

一番のビューポイントを見逃さないでくださいね。(船長の池田さん)

大牧温泉コース 片道30分 大人往復2800円

長崎橋 周遊25分 大人1000円

船は3隻。写真はクルーズ庄川

小牧ダムを望む展望台へは乗り場から徒歩5分程 庄川遊覧船

TEL/0763-82-0220

住所/富山県砺波市庄川町小牧73-5

営業時間/大牧温泉コース/上り8時30分~下り16時35分(季節変動有)、長崎橋コース/9時50分、13時20分

定休日/なし

アクセス/東海北陸道福光ICより30分

駐車場/40台

「庄川遊覧船」の詳細はこちら

ココでランチ&温泉

大牧温泉観光旅館

1183年開湯の温泉地にある一軒宿。露天風呂は原生林に囲まれた男湯、女性は庄川峡が広がる景色に2カ所。

日帰りの昼食は会席料理です。 大牧温泉観光旅館

TEL/0763-82-0363

料金/日帰りプラン7710円~

「大牧温泉観光旅館」の詳細はこちら

2. 黒部峡谷鉄道【富山県黒部】

トロッコでめぐる日本一の峡谷。

錦繍関の見頃は10月下旬~11月上旬

見頃/10月下旬~11月中旬

立山連峰と後立山連峰の間を流れる黒部川が浸食し、造り上げた日本一深いV字峡谷。

トンネルの数41、通過する橋の数21。その山深さが窺えます。

トロッコ乗車前には宇奈月駅にある「やまびこ展望台」へ。

新山彦橋を真下に望む撮影スポットです。トロッコのチケットは事前に予約を。

欅平駅(けやきだいら) 欅平駅までトロッコ 1時間18分 大人1710円

◆ウド谷

紅葉樹と黄葉樹、そして清流のコントラストが美しいですよ

トンネルとトンネルの合間から左右に望む

鐘釣駅(かねつり) 鐘釣駅までトロッコ 57分 大人1210円

◆錦繍関(きんしゅうかん)

宇奈月から鐘釣駅を抜けた東鐘釣山トンネル付近は峡谷一の景勝地です。鐘釣橋から左右に望む景色はとてもきれいですよ(鐘釣駅周辺の自然散策ガイドの水野さん)

黒薙駅(くろなぎ) 黒薙駅までトロッコ 24分 大人570円

◆宇奈月ダム

宇奈月湖にかかる赤いアーチの湖面橋が、紅葉をより鮮やかにします

この先、西洋の湖畔の城をイメージした「新柳河原発電所」もチェックしたい

宇奈月駅に到着! 黒部峡谷鉄道

TEL/0765-62-1011

住所/富山県黒部市黒部峡谷口11

営業時間/宇奈月駅始発7時32分~欅平駅終発17時25分

定休日/冬季

アクセス/北陸道黒部ICより20分

駐車場/350台(1回900円)

「黒部峡谷鉄道」の詳細はこちら

ココでランチ

宇奈月駅売店

富山名物の白えび天むすと鱒ずしがセットになったお弁当850円。 宇奈月駅売店

TEL/0765-62-1410(事業課)

紅葉の後は温泉へ

とちの湯

温泉街から5分。峡谷や清流を望みながら露天風呂を堪能できる。 とちの湯

TEL/0765-62-1122

営業時間/10時~17時30分(最終受付17時)

定休日/期間中なし(営業12月上旬まで)

料金/大人510円、他

「とちの湯」の詳細はこちら

3. ジップラインアドベンチャー立山【富山県富山】

スリルと高揚感を共に楽しんで。


見頃/10月中旬~下旬

標高1180mの山頂にて全8コース、約90分のジップラインを体験!

立山連峰、日本海、粟巣野平の紅葉とダイナミックな景色が広がります。

それをジップラインに吊るされながら見るというスリルがたまりません! ジップラインアドベンチャー立山

TEL/076-481-1633

住所/富山県富山市本宮字花切割3-25

営業時間/9時30分~14時30分(平日3回、土日祝6回)

定休日/月(祝は翌日)※11月16日まで開催

料金/大人3400円、中高校生2900円、小学生2400円

アクセス/北陸道立山ICより30分

駐車場/1000台

「ジップラインアドベンチャー立山」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

紅葉狩りで立ち寄りたい♪大満足のおすすめランチスポット【東北】
期間限定!秋の味覚で「にゃらんスイーツ」誕生!【三重編】
北アルプスの絶景から高山の人力車まで!一度は行きたい乗り物紅葉【岐阜】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP