ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NICOとKEYTALKが高松で激突、2マンイベント「LIVE HOLIC vol.8」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペースシャワーTVと、ぴあ&KDDI(au)が手がける直感エンタメサイト「uP!!!」が主催するライブイベント「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC supported by SPACE SHOWER TV」。札幌、福岡、名古屋、岡山、東京、大阪、仙台の地を経て、10月16日に今年オープンしたばかりの香川は高松festhalleにて第8回目が開催された。

今回は、メジャーデビューして10年目を迎えたNICO Touches the Wallsと、7月にインディーズ時代の楽曲をまとめたアルバム「KTEP COMPLETE」をリリースしたKEYTALKが出演。なお、この2組によるツーマンライブはこの日が初めてとなる。

開場前から高松festhalle周辺には、イベントグッズを求めて並ぶ長蛇の列が見受けられた。開場して開演まではスクリーンで、NICOの光村龍哉(Vo&Gt)とKEYTALKの首藤義勝(Vo&Ba)が出演した音楽情報バラエティー番組「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」が上映される。出演者のチュートリアルと菅沼ゆりから観客へのメッセージも紹介された。

激しいSEが聴こえ、赤と青の派手なライトでステージが照らされると首藤、寺中友将(Vo&Gt)、小野武正(Gt)、八木優樹(Dr)の4人が元気いっぱい若さ溢れた状態で走って現れる。手拍子で煽りまくり、インディーズ時代からの代表曲「sympathy」で幕開け。透き通る首藤の歌声と芯が通った寺中の歌声が交互に、そして時には気持ちよく合わさる。そのまま真っ赤なライトに照らされ、「パラレル」へ、フロアからは一気に「オイオイオイ!!!」と力強いコールが起きる。この日の流行語(?!)にもなった「高松、高まる~!?」のMCも大いに沸く。

「YURAMEKI SUMMER」で盛り上げた後、そのまま11月23日リリースの新曲「Love me」とアップビートに攻める。あっという間に終盤を迎えると、寺中が「NICO先輩に最高のパスを出す為に力を貸してもらっていいですか?! 俺も本気にならないといけないので、ビールを頂きます! NICO先輩に捧げます!!」と缶ビールを一気に呑み干す。 ガソリン満タンで「MATSURI BAYASHI」、「MONSTER DANCE」と踊れるナンバーでフロアを最高の祭パーティー状態にして嵐のように去っていく。

一方のNICOは、光村、古村大介(Gt)、対馬祥太郎(Dr)、坂倉心悟(B)と静かにスタンバイ。アコギから緩やかな音が爪弾かれ、「ストラト」へ。とにかく光村の歌が強く、一瞬で観客が心を掴まれている事がわかる。続く、「THE BUNGY」ではブルージーなギターが鳴らされ、力強いビートが襲いかかってくる。三十路を超えたキャリアの成せる技なのか、4人が音で楽しんでいる事が何よりも伝わってきた。光村が「新しいライブハウスでかっこいい音を鳴らすには、僕らとあなたたちとの熱狂しかないです!!」と煽る。

メジャーデビュー当時の懐かしいナンバー「バニーガールとダニーボーイ」ではイントロが鳴った瞬間、フロアから思わず歓声が起きた。そのまま間髪入れずに「B.C.G」、「妄想隊員A」と畳み掛け、無駄のない攻めを魅せる。

ある意味、この日のハイライトは11月30日リリースの新曲「マシ・マシ」。どっしりと地に足がついた骨太のリズム&ブルース。ミディアムテンポで語りかけるような光村の言葉が、しっかりと心に響く。あまりのかっこよさに、フロア後方の関係者席で呆然と眺めるKEYTALKの姿も印象的であった。これぞ対バンという理想的な光景。

アンコールでは首藤がボーカル、小野がギターという合体バンド「NICOTALK」で登場。KEYTALKの「トラベリング」カバーを披露して、ラストは寺中と八木も加わり、NICOの「手をたたけ」カバーへ。寺中の良かれと思った賑やかしの小道具が、まさかの爆笑スリリングなアクシデントを生み出すが…。このライブの模様は、11月18日24時30分~25時半までスペースシャワーTVにて。真っ向から勝負をした2組の競演を必ず観て頂きたい。

取材・文:鈴木淳史
撮影:渡邉一生

<セットリスト>
KEYTALK
01.sympathy
02.パラレル
03.YURAMEKI SUMMER
04.Love me
05.HELLO WONDERLAND
06.FLAVOR FLAVOR
07.MURASAKI
08.プルオーバー
09.MATSURI BAYASHI
10.MONSTER DANCE

NICO Touches the Walls
01.ストラト
02.THE BUNGY
03.BAD ROBOT
04.バニーガールとダニーボーイ
05.B.C.G
06.妄想隊員A
07.マシ・マシ
08.天地ガエシ
09.ニワカ雨ニモ負ケズ

EN1.トラベリング(KEYTALK楽曲)
EN2.手をたたけ

「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC」オフィシャルサイト
http://www.spaceshowertv.com/liveholic/(WEB/MOBILE共通)

番組情報
「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC vol.8 supported by SPACE SHOWER TV」
初回放送:11月18日(金)24:30~25:30
リピート放送:12月予定
詳細:http://sstv.jp/liveholic08

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。