ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ディズニー、『ドン・キホーテ』の映画化を進行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『ハンガー・ゲーム』や映画『キャプテン・フィリップス』の脚本で知られるビリー・レイが、小説『ドン・キホーテ』の映画化作品でプロデュースと脚本を手掛けることが決まったと、情報筋が本紙に明かした。

レイはゴードン・グレイと共にプロデュースする。

ミゲル・デ・セルバンテスによって1605年に執筆された同作は、狂気に陥って、騎士やドラゴンが実在すると信じた下層階級貴族、アロンソ・キハーノの姿を描く物語。

情報筋によると、本作品は映画『パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン』のようなシリーズ化を視野に企画されているという。米ディズニーは、世界で3000億円以上の興行収入を稼いだ『パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン』シリーズの過去4作品に続き、5作目を来年公開する予定だ。

過去、グレイはディズニーによってプロデュースされた映画『McFarlane USA(原題)』と映画『ミリオンダラー・アーム』に携わっている。一方、レイは直近ではSTX製作による映画『シークレット・アイズ』の監督と脚本を務めた。

レイはCAA、マネージメント360と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP