ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妻ナタリー・ポートマンの姿も! バレエ界の異端児バンジャマン・ミルピエの挑戦を描くドキュメンタリー映画、予告映像解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界最高峰の芸術を提供し続けてきたバレエの殿堂”パリ・オペラ座”。錚々たる有力候補を押しのけ、史上最年少で芸術監督に抜擢されたのは、映画『ブラック・スワン』の振付師であり、女優ナタリー・ポートマンの夫として知られるバンジャマン・ミルピエ。彼の異端とも言える伝統に対する挑戦を圧巻の映像美で描き出す珠玉のドキュメンタリー『ミルピエ ~パリ・オペラ座に挑んだ男~』が12月23日(金・祝)Bunkamuraル・シネマ他にて公開される。この度、本作の予告映像が解禁された。

https://youtu.be/IXoIPGH8Jfg

本作はミルピエが芸術監督として手掛ける新作公演「クリア、ラウド、ブライト、フォワード」完成までの40日間に密着。予告映像でミルピエは、オペラ座の伝統に対し「階級制度は必要ない」「差別的な考えは破壊すべきだ」と持論を表明し、国籍や階級に関係なく自らが選んだ若手ダンサーたちを表舞台へと率いていく姿が映し出されている。伝統ある名門に大胆な変化をもたらしていくミルピエ。しかし、彼の異端ともいえる挑戦は周囲との軋轢を生み、次々にトラブルが襲い掛かる。果たして公演は無事に初日を迎えられるのか――。
また、パリ・オペラ座の公式プロデュース作品ならではの貴重なバックステージもスタイリッシュに映し出す。

ともに公演を作り上げるのは、ルー・リードやビョークの「メダラ」「高速のドローイング」に参加したピアニストのニコ・マーリー、レディ・ガガとのタッグでも知られる、気鋭のファッションデザイナー、イリス・ヴァン・ヘルペン。映画『ブラック・スワン』の振付が縁で結ばれた、妻ナタリー・ポートマンの姿も捉えている。豪華な装飾に包まれたガルニエ宮を舞台に、レオノール・ボラック、ユーゴ・マルシャン、ジャルマン・ルーヴェなど、次世代スター・ダンサーたちの躍動する美しい演技も見どころだ。

単なる、パリ・オペラ座のバレエ・ドキュメンタリー映画という枠を超えた、伝統への敬意とあくなき挑戦―。創作の喜びを呼び覚ます、エモーショナル・バレエ・ドキュメンタリー『ミルピエ ~パリ・オペラ座に挑んだ男~』は12月23日(金・祝)Bunkamuraル・シネマ他にて公開。

2015年/フランス/110分/原題:Relève(原題)、Reset(英語題)配給:トランスフォーマー
©FALABRACKS,OPERA NATIONAL DE PARIS,UPSIDE DISTRIBUTION,BLUEMIND,2016

関連記事リンク(外部サイト)

夭折したヒップホップの匠、D.L その「凄味」をラッパー、ダースレイダーが解説
杉田智和、雨宮天、涼風真世!実力派声優が全力で悪ふざけ 『ベルばら』パロディがヤバい
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
名前に「ちゃん」「くん」がもともと付いてるタレント、果たして後輩はなんと呼ぶのか?
野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP