ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生稲晃子 5才の娘に自身のがん発病を告げたことを後悔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もしもがんを告知されたら──。多くの人が大きなショックを受け、悲しみに暮れるだろう。そして、目の前にあるのは治療費という現実。当面の収入や保険をどうするか、さらには「もしもの時は…」という、もっとも考えたくない最悪の可能性を突きつけられる。その中で直面するのが、子供にどう話すかという非常に難しい問題だ。

《娘が、鞄をもってくれます。手術した方の手を、守ってくれます。息子はいつの間にか自分のことを「僕」って言うようになっていて、「僕のママだから!」ってホテルの方に紹介していて急に頼もしかったです》

 乳がん闘病中であることを明かした小林麻央(34才)は10月8日、久しぶりに家族で過ごした日のことをこうブログに綴った。そして、ブログには母と一緒になってがんと闘おうとする子供たちの様子がアップされている。病気のことをすべて理解できていなくても、子供は敏感に両親の変化を察知しているのだ。

 国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センター長の野澤桂子さんが言う。

「子供に隠したい、どう話していいかわからないという親は多いです。もちろん子供の年齢などケースバイケースという面もありますが、子供は敏感に感じてしまうので、伝えないと逆に不安が大きくなってしまうことが多い」

 子供の年齢や家庭環境によって、伝え方は人それぞれだ。

 父である梅宮辰夫(78才)が十二指腸乳頭部がんで手術を受けた梅宮アンナ(44才)は、娘である14才の百々果(ももか)に「もしかしたらじいじ、死んじゃうかもよ」とストレートに伝えた。

「人は必ずいつか死ぬから。それが早いか遅いか、時間差だけだから、『しょうがないよね。おじいちゃんだし』って伝えました。自分の子供のように、ずっと面倒を見てきたので、娘も父のことが大好きで、がっくりきてたし、涙も流していました。でも、それをあまり隠してもダメだと思う。もともと、子供だからこれを言っちゃいけないっていうのがなく、すべてにおいて包み隠さず話す家なんです」(アンナ)

 乳がんで右乳房を全摘出した生稲晃子(48才)は、娘には病状まで隠さず話していたが、それによって「娘がトラウマを負ったかもしれない」との思いに苛さいなまれた。

 最初に発病した時、娘は5才。迷ったが、「この子は理解できる」とすべてを話した。その時「ママが死ぬのは嫌!」と泣いた娘。だが、再発を伝えたときは、表情に出さず、一切泣かなかった。

「治療中の5年を振り返ると、あの子の中でもいろいろ葛藤があったのではないかと申し訳ない気持ちになります。一度、再発して弱気になっているときに『ママ、死んじゃうかもしれない』と、言ってはいけないことを言ってしまいました。

 その時、娘が『その話はやめて』と言ったんです。今になってそのときのことを聞いても、『忘れた』『覚えていない』と言って話さないんです。本心かどうかわかりませんが、もしかしたら、娘はつらくて嫌な思いをすべて自分の心の中にしまい込んでいるのかもしれない。かわいそうなことをしてしまった」(生稲)

 野澤さんはこうアドバイスする。

「子供は、病気や脱毛自体には驚き、戸惑うけれど、お母さんの態度や表情が自分に対して変わっていないとわかると、安心します。むしろなんらかの形で、親の治療に貢献したり一緒に闘ったりした気持ちを持てた方が、子供にとっていいと思います。

 ただ、やみくもに何でも話すのではなく、たとえば受験直前は避けるなど、タイミングを見はからったり、その子の年齢や性格に合った話し方をすることが大事です」

※女性セブン2016年10月27日号

【関連記事】
ステージIV明らかにした小林麻央 QOLのための手術内容
小林麻央見て「私は頑張れてない…」と葛藤抱く乳がん患者も
磯野貴理子の夫が暴力沙汰で示談交渉 「行列」弁護士が担当

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP