ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作家・久田恵「日々が大変だとささやかな幸せを感じやすい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ここ30年で子供のいない世帯が2倍以上に増加している。「経済的に大変」「親になる自信がない」などの理由で子供はいらないという夫婦がいるが、果たして子育てはそんなに大変なものなのだろうか。『新・家族がいてもいなくても』(扶桑社)など、介護などに関する著作も多いノンフィクション作家・久田恵さん(69才)が、自身の子育て体験を語る。

 * * *
 30才で息子を出産し、その3年後に離婚。それ以来、必死で働く一方で、学校のPTAから少年野球の当番まで、次々と“親の仕事”が振りかかってきました。シングルマザーだと部屋を借りられず慌てたり、子供が保育園へ行きしぶるので、仕方なく子連れでサーカスの住み込みとして働いたこともありましたね(笑い)。

 でも子育てが大変とは思わなかった。子を持つということはこういうものだと思っていたし、何より大変だったのが、息子が8才の頃から始まった母親の介護でしたから。

 介護が大変すぎて子育ての苦労は感じないほどでした。息子が不登校になった時も、大したことないと思えるほど強くなっていました。

 最近は、持たない人が持つ人を幸せに思う傾向がありますが、ふたを開けてみれば全然違うこともあります。もし私に夫がいたら、もっとうまくやれたような気でいるんですよ。でも、夫がいる人に聞くと「最悪」と嘆く。息子がまだ幼い頃はお金がなかったので、たまにチョコレートパフェを食べさせるだけで感謝されました。案外、そういう他愛のない瞬間が幸せの正体じゃないかと、年を重ねるにつれて思うようになりました。子がいようがいまいが、日々大変な方が、日常のささやかな幸せを感じやすいと思いますよ。

※女性セブン2016年10月27日号

【関連記事】
共働きママ 「0才から保育園は可哀想」と実母に言われ悩む
離婚協議中の紗栄子 ミニスカ&ブーツ姿で深夜のカラオケ
孫育て 75%の親が「ありがたいけど迷惑に感じたことも」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP