体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

四肢麻痺の男性が脳とつながったロボットアームの新技術を用いて触覚を取り戻すことに成功

エンタメ
四肢麻痺の男性が脳とつながったロボットアームの新技術を用いて触覚を取り戻すことに成功

四肢の麻痺した男性が、脳とつながったロボットアームの新技術を用いて触覚を取り戻すことに成功し、話題を呼んでいる。

12年前、交通事故で両手両足の感覚と動きを失ったというネイサン・コープランドさん(30)。今回、米ピッツバーグ大学医療センターの研究者たちが、コープランドさんの脳のどの部位が手の感覚を引き起こすかを特定し、その領域に微小電極を埋め込んだところ、彼は次第に、近くのコンピュータに接続されているロボットアームを通じて、触れる感覚を感じられるようになったという。

米紙『The Washington Post』によると、コープランドさんは、「ほぼ全ての指の感覚があります。電気的な感覚の時もあれば、圧力を感じる時もありますが、大抵の場合、ほとんどの指がはっきりと分かります」と話している。

また、米メディア『The Verge』が報じたところによると、研究チームの今後の課題の1つは、患者に取り付けられるロボットアームシステムを設計することとのこと。さらなる技術の発展に期待が高まるところだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会