ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岩井俊二監督、自分の過去作品は見ない!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー、「SAWAI SEIYAKU KEY TO LIFE」。10月17日(月)のオンエアでは、映画監督の岩井俊二さんをゲストにお迎えしました。

岩井さんといえば、10月25日(火)から11月3日(木・祝)まで開催される、第29回東京国際映画祭のジャパンナー部門で、今年は自身の作品が特集され一堂に会します。

このことについて岩井さんは、「20年くらいやってるんですけど、気がついたらこれだけやっていたから、こういう特集も組んでもらえるのかと思うと、我ながらよく飽きずにやってたもんだなと思います(笑)」とコメント。

「岩井さんの作品と育ってきた」と言うほど作品を見てきた坂倉から、この20年で初期の作品から最新作を比べて、「監督ご自身が『変化をしてきているな』と感じることってどんなことでしょうか?」と質問すると…

「スタンスはあまり変わってない気が自分の中ではしているんですけど…そういう中でも微妙に人生経験もしているでしょうから、あるシーンを描く時に思い至ることとかが、若い頃と今とではとちょっと違うかな、と思う時はありますね。それが良いのか悪いのかは分からないですが(笑)」(岩井さん、以下同)

岩井さんご自身が作品を見返すことは、今回のような映画祭などで見る機会がある程度で、日常的にはほとんど無いのだとか。その理由については「常に新作と向かい合っているので、未完の、作りかけのものがある状態で毎日苦労していると、誇らしげに完成している自分の過去の作品を見ると『くそ、見なきゃよかった』となる時もある」とのこと。とはいえ、その時に何を考えていたか思い出せて、良い刺激になることもあるそうです。

最後に「元気になれる秘訣」を聞かれると、「うちに引き取った猫が2匹いるんですけど、それですかね(笑)」と、少し恥ずかしそうに答えていた岩井さん。

「どの星からやってきた侵略者なのか…人間をダメにするくらいメロメロにしますね」

さて、18日(火)の「SAWAI SEIYAKU KEY TO LIFE」はヘイリー・スタインフェルドさんをお迎えします。14歳でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、歌手としても活躍中の彼女の「元気になれる秘訣」は何でしょうか。さらに19日(水)にはギタリスト村治佳織さん、20日(木)は東京スカパラダイスオーケストラが登場しますよ♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP