ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Steam、高品質360度ビデオストリーミングサービスの開発を進める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1080pの帯域幅で8~10k解像度の品質を目指す

.

Valveは、先日開催した年次デベロッパーカンファレンス「Steam Dev Days」にて、映像ストリーミング技術の専門集団である「Pixvana」、「Akamai」と提携を結んでいることを明らかにしました。またValveはこれらのチームと協力し、将来的に1080pの帯域幅で8~10k解像度の品質を有する、高品質な360度ビデオストリーミングシステムを実現するとしています。

Steamが提携している「Pixvana」は、シアトルに拠点をおくスタートアップ集団です。チームは、元アップル、アドビ、マイクロソフトの社員といったメンバーで構成されています。2015年12月には、マイクロソフトの共同創業者Paul Allen氏の運営するVC「Mardrona Venture Group」から600万ドル(約7.2億円)の資金を獲得しました。

参考: VR動画をストリーミング再生するために。Pixvanaが600万ドルを調達。

Pixvanaは「Field of View Adaptive Streaming(FOVAS)」と呼ばれる技術を開発しています。これはユーザーの視線の先に移る映像のみを高解像度で描写し、周辺部は低解像度で描画することでHMDの処理コストを最適化する技術です。


FacebookなどVRに携わる多くの企業が注目している技術「FOVAS」

PixvanaはFOVASの技術プレビューをSteamにリリースしており、無料で試すことが可能です。

体験者によると視線を素早く動かした際、視線の移動先の画質が突然変わるので少し違和感を感じたが、映像クオリティは格段に上がるとのこと。しかし、アプリはまだ片目だけの映像(モノクロスコーピック)なためVRというより平面を見ている感覚が強く、ピクセルも少ないようです。

FOVASはまだ開発途上の技術ですが、自然な画質遷移など課題点をクリアしHMDへ実装するレベルに達したとき、Valveが目標とする高品質360度ビデオストリーミングシステムが実現するかもしれません。

(参考)
Steam to Get High Quality Adaptive 360 Video Streaming Service(英語)

www.roadtovr.com/steam-to-get-high-quality-adaptive-360-video-streaming/

※MoguraVRはRoad to VRのパートナーメディアです

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP