ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エマ・ワトソン主演の実写版『美女と野獣』来年4月日本公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中で愛されるディズニー・アニメーションをエマ・ワトソン主演で実写映画化した『美女と野獣』が2017年4月21日(金)に日本公開されることが決定した。

ディズニーは「白雪姫」から始まり「シンデレラ」や「眠れる森の美女」など今日に至るまで様々な”女性像”を題材にした物語を描き、観客に”あらゆる愛のあり方”を提示してきた。どの作品も年月が経とうとも色褪せることなく、今もなお愛され続けている。数ある名作の中でもディズニー代表作品といえるのがこの「美女と野獣」だ。アニメーション映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネートという快挙を成し遂げ、また作曲賞と歌曲賞を受賞し、ストーリー、音楽、芸術性と映画として高い評価を得ている。また魅力のもう一つが、「白雪姫」などの初期の作品とは違い、主人公が近代的な女性として描かれている点。そのヒロイン像は根強い人気を誇っており、実写化の発表がされるとすぐに主人公:ベル役のキャスティングの動向に世界中の注目が集まった。

そして、見事に役を射止めたのが「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン。知性に溢れ、心美しいベルをどのように演じきるのか大いに楽しみだ。また、アカデミー賞を始め、数々の映画賞に輝くミュージカル「ドリームガールズ」や「シカゴ」を手掛けたビル・コンドンが監督に決定、本作の最大の魅力である音楽やミュージカルパートの演出がどのように実写化されるのかと、ますます期待が高まるばかり。

ファーストビジュアルでは、雪が舞う中、霜が降りたガラスケースの中にひときわ美しい一輪の深紅のバラが咲いている。「白雪姫」には”真っ赤なリンゴ”、「シンデレラ」には”ガラスの靴”というように本作を象徴し、また物語の重要なアイテムとなるのがこの”一輪の深紅のバラ”。寒々しく儚さも感じられるこのビジュアル、このバラがどのようにストーリーに関わってくるのか、まだ謎の多い本作だが世界から熱い視線が注がれている。

『美女と野獣』は2017年4月21日(金)全国公開

©2016 Disney. All Rights Reserved.

海外版特報映像

関連記事リンク(外部サイト)

パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
藤原竜也の趣味は飲む・打つ・買う!昭和すぎて「ガチのカイジ」だとネット上で話題に
BRAHMANのTOSHI
お笑いモンスター・明石家さんまのスゴすぎる「伝説の神対応」まとめ

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP