ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『Justice League(原題)』、アンバー・ハード演じるアトランティスの女王メラのファーストルックが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

justiceleague_photo

米ワーナー・ブラザースが、アンバー・ハードが演じるアトランティスの女王メラのファーストルックを公開した。ハードは、ザック・スナイダー監督の映画『Justice League(原題)』と、これから公開される新作映画『Aquaman(原題)』に同役で出演する。

『Justice League(原題)』は、バットマン(ベン・アフレック)、スーパーマン(ヘンリー・カヴィル)、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)、アクアマン(ジェイソン・モモア)、フラッシュ(エズラ・ミラー)、サイボーグ(レイ・フィッシャー)というスーパーヒーローたちで結成される。

本紙ヴァラエティは今年1月に、ハードがモモア演じるアクアマンの最愛の人を演じると最初に報じた。同作では、J・K・シモンズがゴードン本部長を演じるほか、エイミー・アダムス、ジェレミー・アイアンズ、ジェシー・アイゼンバーグがそれぞれロイス・レーン、アルフレッド・ペニーワース、レックス・ルーサー役を再演する。イギリスでの撮影が終了した10月7日(現地時間)に、スナイダー監督は撮影の裏側の映像を公開した。

コミック作家グレッグ・ルッカが、ワンダーウーマンが女性と関係を持ったことは「明らかだ」と述べたことを受け、最近、ガドットは本紙ヴァラエティとのインタビューで、ワンダーウーマンのセクシャリティーについて言及した。

ガドットは、これから公開される映画『Wonder Woman(原題)』で、ワンダーウーマンのセクシャリティーは「私たちが探していたようなものではありません」と、語った。

続けて、「同作では、ワンダーウーマンがバイセクシャルな関係を持つことはありません。しかし、バイセクシャルではないというわけではないのです。ワンダーウーマンはその人のありのままを愛する女性です。バイセクシャルにも成り得ます。彼女は人の心を愛するのです」と、語った。

ワーナーは、『Justice League(原題)』を2017年11月17日に米劇場公開し、タイトル未定の続編を2019年6月14日に公開する予定だ。また、『Wonder Woman』は、2017年6月2日に米劇場公開となる。

ワーナーがIGNに最初に公開した、コスチュームに身を包むアンバー・ハードの写真はこちら。

amber-heard-meraamber-heard-mera-2

(Photo courtesy of Warner Bros.)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。