ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元広島・長谷川昌幸 古巣の優勝に「複雑な気持ちもあります」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島カープが25年ぶりのリーグ優勝を飾った。かつての鯉戦士たちは、その姿をどのような思いで見つめたのか? 第2の人生を歩む往年の選手を訪ねた。

 2002年に13勝を挙げるなど低迷期のチームを支えた長谷川昌幸(1996年~2010年)は25年ぶりの胴上げをどう感じていたのか。

「最初は見ないつもりでした。それは……複雑な気持ちもありますから。一緒にやっていた選手が優勝を体験するわけですから……。でもやっぱり、テレビを点けてしまいました」

 入団会見で「メジャーに行きたい」と宣言したり、金髪にしてヒゲを生やしたりとグラウンド外でも話題をさらい、首脳陣から「チャラチャラするな」と叱られたり、先輩に「だからおまえは……」と苦言を呈された。

「プレーで結果を出してナンボの世界。自分にプレッシャーをかける意味で、あえて奇抜な格好をしていました」

 2011年に引退後、もう野球とは関わりたくないと、輸入時計ブランドの代理店を立ち上げるも、約4年でピリオドを打つ。その後、生命保険会社の営業職に就いたものの、性格に合わなかった。

「あまり人に強く勧められるタイプじゃないし、友達に電話するだけで勧誘と思われるのが嫌でした。将来のビジョンも全くなく、しんどかったですね」

 悩みを抱えていた昨年の夏、野球教室の話が舞い込んだ。その縁から、現在は『スポーツオーソリティ』の広島府中店で社員として働いている。週3~4日は店頭に立ち、月2回ほど野球教室で教えている。

「引退から4年以上経って、野球への気持ちが再び湧いてきた。子供に教えるのがすごく楽しかったし、今は時計や保険ではなく野球用具の説明ができる。引退後、今が一番充実しています」
(敬称略)

撮影■藤岡雅樹 取材・文■岡野誠

※週刊ポスト2016年10月28日号

【関連記事】
祝優勝! ハンカチ王子・斎藤佑樹が大好きな人のための写真集
ソフトバンクを支える和田・杉内 両サウスポーを読み解く書
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP