ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

”保存”がテーマの「保存展」! 保存にまつわるアイテムショップも登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新世界『透明標本』 New World Transparent Specimens/Iori Tomita(C)

2016年10月21日(金)から30日(日)までの10日間、東京・池袋のパルコミュージアムにて「PARCO DESIGN MUSEUM『保存展』」が開催されます。

インテリアとデザインを軸に活動するアッシュ・ペー・フランス・BATOMAがプロデュースし、さまざまな「保存」を紹介する企画展。SUPPOSE DESIGN OFFICEの吉田愛氏が会場構成を手掛け、古くから食品が痛まないようにと知恵を絞り発展してきた保存食・発酵食品や、コレクター独自の視点で蒐集されたアイテム、保存用技術をアートに昇華させた作品など、多種多様な「保存」にまつわるモノが並びます。

会期中は、 ワークショップやセミナーが開催されるほか、「保存」をテーマにした商品が並ぶミュージアムショップも登場。

保存というと食に関連したものを主にイメージしがちですが、本展示では思いもしなかった保存が発見できるはずです。改めてその概念を見つめ直し、その重要性を体感してみてください。

PARCO DESIGN MUSEUM「保存展」

会期:2016年10月21日(金)~30日(日) 10:00~21:00(30日~18:00) 会期中無休

会場:パルコミュージアム/東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ 本館7F

入場料:無料

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

トラフの頭のなかを覗いてみよう!「トラフ展 インサイド・アウト」開催中
ビートたけし、隈研吾の作品も「ARITA 400project × ISETAN SHINJUKU」開催
紙で重要なのは「重さ」だった! かみの工作所10周年記念展「かみの重力展」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP