ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

社会人3年目で旅に出たのは正解だったのか?帰国から1年経って今思うこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「なんで世界一周に行くの?」

これは、世界一周行きたい・行った人が、一度とならず何度でも聞かれたことだと思います。

私もたくさん聞かれました。その度に話しながら、「本当に行くべきかどうか」ということを出発直前まで迷いました。そこでヨーロッパ一周に旅に出たとき、旅に出たことを振り返るために一年後にリマインダーをかけました。

 

今年そのリマインダーが鳴ったので、自分のした旅を振り返ったことを記事にします。カッコつけずに良いところも悪いところも、一年経って冷静に感じていることをそのまま書こうと思います。

 

自分の旅の目的、実際の行程

photo by PEXELS

振り返りの前に、簡単に私が行った旅の概要です。

私の旅の目的は、「建築を見ること」でした。大学で建築を学び、新卒で組織設計事務所で働く中で、もっと実際の建物を見ながら建築のことを勉強したい、と思ったことが旅のきっかけでした。

 

それまで勤めていた会社を辞め、旅の期間は3か月。スペインから出発して、イタリア→マルタ→スイス→フランス→ベルギー→オランダ→ドイツ→ノルウェー→フィンランド→エストニア→ハンガリー→オーストリア→チェコとヨーロッパを回りました。

 

旅に出る必要があったか

photo by BARN IMAGES

そもそも、旅に出る必要はあったのか。この答えは、何度考えても旅に出る必要はあったと思っています。やっぱり、本物を見るということは全然違うと思いました。

本や写真で見てきた世界が目の前に広がっていて、そこの空気や人に触れることで、本ではわからない「感覚」レベルでその場所を感じられたというのは、本当に大きな経験だったと思います!

「百聞は一見に如かず」とは、よく言ったものですね。

 

あの時期でよかったのか

photo by pixabay

私が旅に出たタイミングは、社会人を3年経験した時でした。もし学生のときに行っていたら、進路が変わっていたかもしれません。

それでも、自分自身はこのタイミングで良かったと思っています。

社会人と学生の時とでは明らかに建築や物事を見る「視点」が変わりましたし、長期の旅に出るということがどれほど大変かも分かっていたので、より「今後の自分に活かす」というハングリー精神があったと思うからです。

 

旅はいつでも行ける。ただ、ベストタイミングは本当に人それぞれ

学生の時に「今しか行けない」という話をよく言われました。働いている間は私も確かにそう思っていました。しかし、仕事を辞めて旅に出て、色んな年齢の旅人に会い、正直、旅はいつでも行けるんだな、と思うようになりました。

人によって学生のときに行くのがベストなのか、社会人になってからなのか、子供ができてからなのか、定年退職してからなのか。

その人によって、絶好の「タイミング」は違うと思います。

 

後悔することはあるか

photo by pixabay

「あー、あの時無理してもあそこに行くべきだったかな」とか「あそこはもっとうまくいくやり方があったよな」と思うことはありますが、旅に行ったこと自体を後悔することは一度もありませんでした。一度も、です。

むしろ一年たった今も、あの旅に行けた満足感でいっぱいです。

 

社会人になってから旅に出る足枷として、「再就職できるか」という心配があるかと思います。私は再就職の際、この旅をアピールとするように、ポートフォリオの準備をしていました。

しかし帰国後就活をし、実際は旅の中身よりも、行くまでの計画の内容や、行動力を評価されたように感じます。

いずれにせよ、仕事を辞めたこと、旅に出ていたことをマイナスに捉えられていたことはなかったと思います。

 

行って得たものは何か、旅は今に活かされているか

photo by pixabay

私は旅のテーマが「建築」で、今の建築の仕事に直接繋がっているだけではなく、仕事以外の生活や、自身の物事に対する考え方など、この旅の影響を感じる場面がたくさんあります。

まず、一人旅はもう全てが自己責任なので、自然とあらゆることを想定して行動するようになりました。それは、いろんな場面で役立っているなと感じています。

 

また初めての長い一人旅だったので、準備や計画も念入りに行いました。その時迷いながらも全て自分で判断して行動したことは、判断して失敗したことも含めて、自分の糧となっています。

そして何より、旅を通して多様な価値観に触れたことで、「自分の考えが常識とは限らない」と身をもって感じました。なので、以前より物事を受け入れられる幅が広がったと感じています。

それと、これはおまけですが、作る料理のレパートリーも増えました!

 

まとめ

旅を振り返って、良かったことも、悪かったことも含めて、本当に、行ってよかったと思いました。帰国直後は「もうあと3年くらい海外は行かなくていいかも」と思っていたのですが、3か月過ぎたあたりから、再び海外に行きたくてたまらなくなっています。

また、こうやってリマインダーをつけて、というのは自分でやってみてもよかったなと思いました。

 

世界一周や、長い旅をする機会は、人生にきっとそう多くないチャンスだと思います。旅に出たい方は、こうやって振り返るタイミングを作ってみてはいかがでしょうか?

私もまた3年後や5年後くらいに振り返ってみたいと思います。帰国直後と一年後では感じていることは徐々に変わってきているので、その時また違う感じ方をしている気がしています。

そのときまたこの記事を読み返すのが、楽しみです!

関連記事リンク(外部サイト)

超初心者向け!空港の出発ロビー〜宿のチェックインまでの完全マニュアル
「サンプラザ中野くん」の旅の基準はインドだった!日本の感覚がまるで通じず、打ちのめされました。
宿から出たくなくなる!25歳女子が泊まったアジアの格安ホテル5つ
ロンリープラネットが選ぶ「海外旅行先ランキング」2016年版

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP