ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった1日で世界一周?夢の国ディズニーで11カ国を堪能できるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「世界一周」というと、時間とお金がかかることだと思っていませんか?確かに実際に世界一周するとそうかもしれません。

ここでみなさんに朗報です。実は、1日あれば世界一周を体験出来る場所があることをご存知でしょうか?世界中で大人気の場所で体験できちゃうんです。

その場所とは、アメリカのウォルト・ディズニー・ワールド!

 

夢の国で世界一周

photo by Jun Negishi

世界一周体験ができるのはアメリカのフロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド内にあります。ウォルト・ディズニー・ワールドには4つのテーマパークがありますが、たった1日で世界一周体験ができるテーマパークは「エプコット」です。

エプコットはさらに、フューチャー・ワールドとワールド・ショーケースの2つに分かれています。ワールド・ショーケースに、11カ国の国々をテーマにしたパビリオンと呼ばれる建物があります。

photo by Jun Negishi

そこに並ぶのは、日本館やフランス館など。それぞれのパビリオンにそれぞれの国々のレストランやショップがあり、そしてアトラクションがあるパビリオンもあります。

ワールド・ショーケースのすごいところは11カ国のパビリオンで勤務しているキャストが、それぞれの国々の出身である点。

イタリア館で働いているのイタリア人、モロッコ館で働いているのモロッコ人というように、実際に現地の人々と触れ合うことができるのがワールド・ショーケースの最大の魅力です。

 

夜9時からはイルミネーションズ:リフレクション・オブ・アースという花火のショーも鑑賞することができます。

では、11カ国それぞれのパビリオンの魅力をご紹介いたします。

 

日本

photo by Jun Negishi

日本をテーマにしたパビリオンもあり、五重塔や姫路城を基にした建物の造りとなっています。赤い鳥居が、日本館の目印。

日本館の1階はショップでエリアごとに販売商品が分かれていますが、ポケモンなどのおもちゃ、化粧品、着物、お菓子や食品、酒類、ミキモトパールなどが販売されています。ピック・ア・パールという、貝を開けてパールを取り出すパフォーマンスも人気です。

photo by Jun Negishi

2階には鉄板焼きレストランの鉄板江戸、寿司などの日本食をメインにした東京ダイニングという2つのレストランがあります。鉄板江戸は非常に人気で、東京ダイニングは日本らしい料理を食べてみたい外国人の方々に人気です。
またクイックサービスレストランの桂グリルや、祭座による太鼓パフォーマンスなどもあります。

 

ノルウェー

photo by Jun Negishi

ショップでは、ノルウェーブランドの化粧品やヘリーハンセンの衣服が販売されています。バイキングで有名な国らしく、バイキングに関するグッズも。

北欧で有名な妖精トロールの大きい置物が店内にあり、ちょっとした写真スポットになっています。

photo by Jun Negishi

Akershus Royal Banquet Hallというビュッフェスタイルのレストランではシンデレラ、ベル、アリエルなどのディズニープリンセスたちに会うことができます。大人気ですので予約は必須。

プリンセスたちと写真を撮りながら食べるので結構慌ただしいですが、行く価値ありです。

 

今年の夏には遂に、「アナと雪の女王」をテーマにしたアトラクション Frozen Ever After がオープンしました。ノルウェー館は今まで以上に人気になっています。

 

メキシコ

photo by rickpilot_2000

メキシコ館のシンボルは何といってもピラミッドです。数年前には、ピラミッドに登った人がいたとニュースになっていました。

ピラミッドの中にはアトラクション、レストラン、ショップが入っています。San Angel Inn Restauranteはメキシコ料理が楽しめるレストラン。ショップではメキシコ伝統の民芸品やアクセリーが販売されています。

ソンブレロというお馴染みのザ・メキシコという帽子も買うことができます。

photo by Dr.Deer

その他にも、マルガリータバーやチュロスなどが売っているスタンドもあります。マルガリータバーでお酒を買って、色々な国々を巡っている人をよく見ます。

 

アメリカ

photo by  Mark & Paul Luukkonen

建物は、アメリカ建国当時の議員会館をモチーフにしたと言われています。

独立戦争や南北戦争などのアメリカの歴史を紹介するアトラクション The American Adventure や、ハンバーガーなどのカジュアルダイニング Liberty Innがあります。

photo by rickpilot_2000

正直、他のパビリオンに比べてあまり人気がない気も…。簡単に言うと、アメリカの歴史の紹介とハンバーガーなので、そこまで楽しめる感じがしないかなと個人的には感じます。

アメリカらしい物を食べるなら、アメリカ館の近くにあるスタンドで売っているファンネルケーキや、マンガ肉のような大きさのターキーレッグがおすすめです。

 

イギリス

photo by Mark & Paul Luukkonen

イギリス館の建物は、チューダ王朝時代の様式を基にしているそう。奥に庭園もあり、ロンドン名物の赤い電話ボックスも見ることができます。

ショップでは紅茶やサッカー関連のグッズなど、イギリスらしいものが売られています。

photo by HarshLight

メインのレストランであるRose & Crown Dining Roomでは、イギリスの伝統料理を楽しむことができます。もちろん、イギリスの名物料理フィッシュアンドチップスも。

レストランの外の席は、夜9時からの花火のショーを鑑賞するには良い場所だそう。8時過ぎ頃からは、このレストランの人気の時間帯となっているようです。

 

カナダ

photo by Jun Negishi

カナダ館の建物は、首都オタワにある有名なシャトー・ローリエ・ホテルがモデルなんだとか。そして建物の前には庭園が広がっています。建物よりも、滝があることにビックリしてしまいます。

ショップでは、カナダ名産のメープルシロップなどが販売されています。

photo by Jun Negishi

O Canada!という、360度のビューでカナダの雄大な自然を紹介するアトラクションも。アトラクションというよりも短編映画のような感じですが、思ったよりも楽しめます。

レストランはLe Cellier Steakhouseというステーキがメインのお店。かなり人気で予約必須ですが、とても美味しいです。ウォルト・ディズニー・ワールド全体でも美味しさは上位に入るレストランだと思います。値段は高いのですが、フィレステーキがオススメです。

 

フランス

photo by fireboat895

パリの町並みが再現された造りになっていて、エッフェル塔がシンボル。再現しているだけなのになぜかお洒落に感じてしまいます。

ショップではフランス有名ブランドの香水、ワイン、化粧品が買えるということで女性に人気です。

photo by  Mark & Paul Luukkonen

レストランもChefs de FranceとMonsieur Paulの2つがあります。Monsieur Paulは以前Bistro de Parisという名前だったのですが、名前が変更になったようです。Chefs de Franceがカジュアルダイニングで、Monsieur Paulが高級レストランといった感じです。

またLes Halles Boulangerie-Patisserieというスイーツ店では、ナポレオンというケーキがオススメ。スイーツ以外にキッシュなども販売されています。Crepes des Chefs de Franceというスタンドで売っているクレープもオススメです。

 

イタリア

photo by Mark & Paul Luukkonen

ヴェネチアのサンマルコ広場がモチーフとなっていて、トレビの泉や真実の口などイタリアを代表する観光スポットも再現されています。

ショップには、イタリアブランドの物が並んでいます。

photo by rickpilot_2000

イタリアといえば、食。Via Napoli Ristorante e Pizzeriaでは、伝統的なナポリのピザを堪能することができます。もう1つのレストラン Tutto Italia Ristoranteでは、パスタ料理が人気。

そしてGelatiというスタンドでは、イタリアンジェラートやティラミスなど人気のデザートを食べることができます。イタリア料理好きにはたまらないのではないでしょうか?

 

モロッコ

photo by Mark & Paul Luukkonen

エキゾチック雰囲気な建物が並んでいます。タイルのカラフルの色から、他のヨーロッパやアジアのパビリオンとは全く異なる雰囲気を感じることができます。

ショップではモロッコ伝統の民芸品や衣服など、日本では滅多にお目にかかることができない物を買うことができます。

photo by coconut wireless

メインのレストラン Restaurant Marrakeshでは、クスクスなどの代表的なモロッコ料理を提供。唯一のアフリカの国であるモロッコ館で、エキゾチックな雰囲気を存分に楽しんでみてください。

 

ドイツ

photo by  Mark & Paul Luukkonen

ドイツ館は、中世時代のドイツの街並みをモチーフにしているようです。

ショップにはガラス製品、ビールジョッキ、チョコレートなどのスナックが販売されています。ガラス製品は綺麗な物が多かったです。

photo by Mike Miley

Biergarten Restaurantは、ドイツビールやソーセージなどのドイツ料理が食べることができるビュッフェスタイルのレストラン。

ランチの時間帯はそこまで混雑していないようで、数回食べに行ったことがあります。お昼は予約なしでもすんなり入店できる、穴場のレストランかもしれません。

 

中国

photo by Alexandre Breveglieri

まず目に入る城門は北京にある朝陽門がモチーフになっています。その他には北京天壇公園の祈念殿を基に造られた建物があります。いかにも中国らしい感じがします。

ショップには中国の民芸品が販売されていて、中国の歴史や自然を360度のビューで鑑賞ることができるアトラクションがあります。カナダ館のアトラクション O Canada!と同じようなイメージですね。

photo by Mark & Paul Luukkonen

Nine Dragons Restaurantではシュウマイやチャーハンなどお馴染みの中華料理を食することができます。北京ダックサラダもメニューにあるようですので、気になる方はオーダーしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

実現することが難しい世界一周を1日で体験することができてしまう場所、ウォルト・ディズニー・ワールド。ディズニーは夢の国と言われていますが、旅人の夢も1日で叶えてしまいます。まさに夢の国ですね。

実際に世界一周をしてみたいけど、実現困難な方や悩んでいる方はまずウォルト・ディズニー・ワールドで1日世界一周体験をしてみませんか?

関連記事リンク(外部サイト)

ディズニー映画のプリンセスたちに会えるレストラン「Akershus Royal Banquet Hall」
世界中の料理を食べ歩き!ディズニーワールドで開催される食のイベントとは
【女子必見!】憧れのディズニーのモデルとして使われた世界の舞台4選
ランタンが夜空に舞う!イーペンランナーのチケット・アクセス情報まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP