ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【激怒】世界一態度が悪いレストラン「ワンケイ」の接客態度が改善 / スタッフが自虐的シャツも販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロンドンに留学したことがある日本人ならば、知らない人はいないレストランでしょう。ロンドンの中心部にある、世界一態度が悪い中華レストラン「ワンケイ」(Wong Kei)のことです。ウォンケイとも言います。ここの中華料理はとても安くておいしいと評判なのですが、極めて店員の態度が悪いと言われ続けてきました。

・案内ではなく「命令」
まず、客が店に入ると「上行け!」「下行け!」「そこ座れ!」「上! やっぱ下だ!」「そこじゃねえよ! そこだよ!」と命令されます。英語で「UP STAIRS!!」「DOWN STAIRS!!」です。案内ではなく「命令」です。もしこんな店が日本にあったら炎上モノです。いや、ロンドンでも炎上していますけどね(笑)。腹が立って店を出てしまう客や、激怒する客もいます。初めての人は、まさか「そんな店」とは思いませんから当然ですね(笑)。

・店員はスマイルなし
しかし、常連は慣れたもので「上行け!」と言われたら黙って上の階に、「下行け!」と言われたら黙って下の階に行きます。いちいち腹を立てていては精神がもちません。店員はスマイルなし。むしろお前らに飯を食わせてやってんだからありがたく思え! といった接客態度で、会話も何もありません。

・客の地位は最下層
極めつけは、料理をぶん投げます(笑)。そっと置くこともできるはずですが、ボン! とテーブルに投げ置きます。マナーも何もありません。「お前金出す。俺メシ出す」みたいなシンプルな状況です。そこに接客という言葉はありません。そう、この店内では、客の地位は最下層となります。ボス→店員→客です。

・量もやや多め
しかし、この中華料理は安くて美味しいので評判です。安くて美味しくなかったらこんな店に誰もきませんよ(笑)。

イギリスの外食の平均価格からすれば安いというだけで、日本の物価からするとやや高めですけどね。量もやや多めなので、数人でシェアしながら食べている人もいます。

・自虐的な路線に走り出す
そんな「ワンケイ」ですが、2009年ごろにオーナーが変わり、若干ですが接客の意味を店員が理解していきました(笑)。そして2012年あたりから自虐的な路線に走り出し、「上行け下行けシャツ」の販売を開始。それと同時に、ちょっとだけ客に優しくなりました。接客の適当さは変わりませんが(笑)。

もしロンドンに行く機会があれば、「ワンケイ」に行ってみてくださいね。前よりはマシなはずですから(笑)。

もっと詳しく読む: 世界一態度が悪いレストラン「ワンケイ」の接客態度が改善 / スタッフが自虐的シャツも販売(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/10/17/wong-kei/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP