体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリエ「厳しい目で見ると、センスが身につく」

毎年、毎シーズン、移り変わっていくファッションのトレンド。

ついこの間まではノームコアって言ってたのに、次は真反対のタッキースタイルが流行るし、なんて思ってたらその次に来たのがスポンテニアス。

….もはやトレンドって何?

あまりに変化するトレンドに疑問を持ったとき、大切になってくるのが「自分の物差し」。そう教えてくれたのが、マリエさんでした。

東京のファッションを自分の物差しで見定めて

20161017_tokyo01.jpg

10月17~23日に東京で開催される「Amazon Fashion Week TOKYO」。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークに続く、世界5大コレクションのひとつです。

そのレセプションパーティに、AmazonFWTオフィシャルアンバサダーとして登場したマリエさん。

いまのファッションに対する思いを語りました。

「いま、ファッションの世界は目まぐるしい勢いで変化しています。VRやAIなどのテクノロジーとファッションの関係。あっという間に伝わるトレンド。ここ東京でも同じ。ファッションの変化は止まりません。

ファッションで大切なことは、クオリティの高さとアイデンティティを持っていること、だと思っています。この東京ファッションウィークで、ぜひ東京のファッションの”いま”をみてください。そして、厳しい目で感じ取ってください。

最高のクオリティとそうでないもの。自分の物差しでじっくりと測る。自分でいいと思ったものを選択する。そうすることがセンスにつながります」

20161017_tokyofashion02.jpg

いろんなトレンドや情報に囲まれているいま、それに乗っかるのはとても簡単なこと。

でも、選択肢があふれているからこそ、厳しい目を持って「自分はどうしたいのか? 何を着て、何を見て、何を聞きたいのか?」という自分基準を持つことで、センスを磨いていくのです。

まっすぐ前を向いて、ひとこと一言を噛み締めながら話すマリエさんの姿が、とても印象的でした。

Amazon Fashion Week TOKYO

取材・文/グリッティ編集部

■ あわせて読みたい

ワイヤーぐにゃぐにゃ。ブラの締め付けから解放される
東京タワーがグリーンに。これから出会うだれかを想う
自分らしさ吹き飛ぶ。なんでも受け入れてくれる街・渋谷のファッション
好きなことを仕事にしたほうがいいって本当?
つらい状況打開したい。あなたの精神力の強さは? #深層心理
男子は「尽くされる」のが正直しんどい #男子の本音
すべてをフラットにしたら「着たい!」と心から思えた

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。