体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

技術書が結んだ転職の縁!開発から転身、ITコンサルタントとしてウルシステムズに入社を決意した理由

プロジェクトにもっと深く関わりたいという思いが強くなる


(ウルシステムズ株式会社 クイスト勇士さん)

前職ではECサイトのWebアプリを開発していたクイストさん。仕事を進めていく上で、少しずつもどかしい思いが積み重なってきたと言います。

「配属されたプロジェクトは二次請けの仕事で、リーダーとSIerのクライアントとの間で仕様がガチガチに決められていました。

そのため自分から問題点を見つけて改善案を提案しても、リーダーがもう一度クライアントやエンドユーザーと打ち合わせをして仕様の見直しをするという調整が難しい状況で、提案が受け入れられることはほとんどありませんでした。そんな時にもっとプロジェクトに深く関わりたいという思いを強くしましたね」(クイストさん)

もっと良いシステムを作りたい。もっとプロジェクトに深く関わりたい。そんなふうに考えていたクイストさんですが、その当時から転職を希望していたわけではありませんでした。

「その頃趣味でオブジェクト指向を勉強していて、学んだデザインパターンを使ってCodeIQの問題を解いていました。その解答を見たウルシステムズからスカウトメールを受け取って転職を意識するようになりました」(クイストさん)

解答に対する詳細なアドバイスに感激

クイストさんにスカウトメールを送ったウルシステムズは採用では主にITコンサルタントを募集しています。クイストさんはスカウトメールをもらった時点ではウルシステムズの求める人材と自分の仕事がマッチしていないのではと思っていました。

「当時私は開発がやりたかったので、コンサルタントにはあまり興味がありませんでした。でも、ウルシステムズからのスカウトメールは他社とは違い、具体的にコードをレビューしてくれたのです。これは会いにいかなくてはと思い面接に行きました」(クイストさん)

そのときの面接官がCodeIQの解答を採点してクイストさんにスカウトメールを送った平澤章さん。平澤さんはオブジェクト指向関連の技術書で多数の著作・翻訳を手掛けています。


(ウルシステムズ株式会社 ディレクター 平澤 章さん)

「クイストさんのコードは明らかにセンスが良かったですね。でも重複した無駄な部分はあったので、筋はいいけどダイヤの原石という感じがしました。実際に会ったら、謙虚で爽やかな人なのですごくいいなと思いました」(平澤さん)

面接ではクイストさんのCodeIQの解答に対して平澤さんがフィードバックをすることで大いに盛り上がりました。

「平澤さんが、私が解いたCodeIQの解答に対して、紙にクラス設計図を書いて、“このクラスを別のクラスに置き換えたらもっといいプログラムになる”というようなアドバイスをくれたんです。それで平澤さんのことをすごく好きになってしまいました(笑)」(クイストさん)

もうひとつ、クイストさんが感激したことがあります。それは面接の時受付スペースで見つけた一冊の本「プロになるためのWeb技術入門(技術評論社)」でした。

「この本は、私がこの業界に入って初めて読んだ専門書なんです。家に帰って本を確認したら著者がウルシステムズの社員の小森さんだということがわかって、驚きました。こんな素晴らしいエンジニアが働いている会社に入社したいと思いましたね」(クイストさん)

それまではCodeIQでスカウトしていただいた企業をいくつか回っていたクイストさんでしたが、転職先はウルシステムズしか考えられないと思い、他の会社をすべて辞退してウルシステムズに入社しました。

自分から提案してより良いシステムを作る充実感

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。