体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタディサプリ一流講師が提案! 残り時間をムダにしない!センター試験対策!【伊藤賀一先生:日本史B編】

夏を乗り越えてセンター試験まで、もうひと頑張り!…のはずなのに…何をやっていいか分からない…、センターで8割以上取りたいのに、結果がでなくて少し不安な声も…?10月以降は、もうひと伸びする大事な時期。センター試験も短い時間でギュッと、効率良く自分の力にしたいところ。そこで、放課後版編集部はスタディサプリの一流講師陣に「8割以上を目指す」センター試験対策を教えてもらいました!第4回目は日本史Bの伊藤先生です!

センター日本史Bで目指すのは満点!過去問フル活用で制覇せよ!

(要するに) 目指すのは、満点。それ以上でもそれ以下でもない! 日本史は暗記科目、覚えてなければ意味がない。 過去問はすべて解く!とにかく解き続ける!

11月までに日本史全範囲を終わらせる!

Q.センター試験まで余裕がある10〜11月、どんな対策をするのがよいでしょうか?

初めにやるべきことは、一刻も早く全範囲を終わらせること。学校の授業にあわせて勉強を進めてしまい、2学期終了時点で満州事変までしか終わってなかったとしたら、当然センター試験には間に合いません。一刻も早く全範囲の勉強を終わらせてください。センター試験レベルなら、僕のスタディサプリの講座スタンダードレベル日本史を見てください。全部で28講あるので、1日2講進めれば2週間で日本史の全範囲が終わります。スタディサプリの良いところは、自分が必要になったタイミングですぐ受講できること。できれば10月、遅くとも11月中旬までには、日本史の全範囲を終わらせてしまい、過去問を解けるような土壌を作って下さい。

とにかく過去問!解いて解いて解きまくれ!

Q.もうすぐセンター試験!12月〜1月のセンター試験対策とは?

この時期は一問一答集と過去問をガリガリ進めて下さい。実践練習を重ねることで、自分の知識が再整理されていくはずです。このとき大事なのは、勉強の足跡を残すこと。過去問を解いたら、大問ごとに得点を出し、きちんと記録しておいて下さい。自分の点数が上がっていくことが実感できるはず。逆に点数が取れない大問があれば、そこは自分の苦手なポイント。センター日本史では、2以降は時代ごとに大問が並んでいるので、もう一度確認すべき時代が分かるはずです。


得点源になる日本史。だからこそ満点を目指して!

Q.センター日本史の「8割以上を取る」対策方法は?

社会科は、センター試験の中で最初の試験です。精神的には、ここでの出来がセンター試験全体の結果を左右するとも言えます。そんな大事な教科こその対策とは…暗記以外にありません。何かヒミツの解法があるのでは?と思われがちですが、センター日本史は暗記科目です。覚えていればできる、覚えていなければ出来ない。本当にシンプル。前日に徹夜していようが風邪をひいていようが、取れる点数は変わりません。しかも、センターはマークシート。つまり、答えは出すものではなく「選ぶもの」。漢字をひねり出す必要すらありません。難易度的にも一般入試の日本史と比べて、点数が取れるのは当たり前です。難関私大の問題とは違い、捨て問(難問・奇問)がないわけですから、ぜひ満点を目指して欲しいです。出題範囲は、文科省の学習指導要領から。つまり教科書の範囲内です。大問ごとのテーマは一定していて【1】テーマ史、【2】原始古代、【3】中世、【4】近世、【5】近代、【6】近現代という形式。問題を解いている中でどうしても間違えてしまう場合は、僕のサプリのスタンダードレベル日本史に戻ってもらい、そこで知識を整理して下さい。

センター対策は過去問こそ、最良の問題集!

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。