ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ファンタビ』ファンイベントに世界中が大熱狂! J.K.ローリングもサプライズで登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が11月23日 (水・祝)より公開となる。公開を記念し、現地時間10月13日(木)にロンドンとロサンゼルスのIMAX会場に本作のキャストと監督、プロデューサーが参加し、各国の会場及び、オンライン上で中継を観ている全世界ファンと一丸となるグローバルファンイベント「A RETURN TO J.K. ROWLING’S WIZARDING WORLD The Global Fan Event (J.K.ローリングの魔法の世界が再びやってくる)」が開催された。

「ハリー・ポッター」シリーズの衣装に身を包んだ”ポッタリアン”はもちろん、早くもニュートの衣装に身を包み、杖やトランクだけでなく、魔法動物のボウトラックルまで連れて来てしまうほど熱狂的な”ファンタビスト”も全世界の会場に詰め掛けた。

ロンドンでは、撮影で実施に使用した衣装の展示や、予告編が上映されるモニターが設置され、各会場でも劇中写真のパネルが展示されるなど世界中のファンたちを釘付けに。さらに予告編とフィルムメイカーたちのインタビュー映像が上映されると各会場で大歓声が起こった。いよいよ、ロンドンの会場には、エディ・レッドメイン(ニュート)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ)、アリソン・スドル(クイニー)、ダン・フォグラー(ジェイコブ)、イェーツ監督、プロデューサーのデイビッド・ヘイマンが、ロサンゼルスにはコリン・ファレル(グレイブス)とジョン・ボイト(ショウ)が登壇すると会場は更にヒートアップ!

本作の舞台となるニューヨークをはじめ、サンパウロ(ブラジル)、メキシコシティ(メキシコ)、ローマ(イタリア)とも中継が結ばれると各会場は歓喜に包まれた。残念ながらアジアは、時差の関係で早朝となってしまうため、イベントは行われなかったが、全世界へ向けてイベントの様子がライブ配信された。

「劇場にニュート・スキャマンダーのコスプレをした人が大勢いるので、とても興奮しているんだ」とレッドメインが開口一番に明かすと、ウォーターストンも「最高ね。とても圧倒されているわ」と会場を見渡して興奮を隠せない様子。

作品の情報が多く明かされていない本作について、少しでも情報を聞き出したい世界中のファンからSNSなどで募られた質問に答える場面も。自身の演じたキャラクターについてレッドメインは、「僕が一番気に入っているのは、ニュートがとても情熱的な男だということだ。彼は、魔法動物(ビースト)に対して情熱的な思いを抱いている。僕もまた、何かに集中していると、そればかりに夢中になってしまうんだ。そこが共感する点だね」と語った。

さらに、J.K.ローリングとの仕事について、イェーツ監督は「率直に言ってとても興奮した。本作には原作が無いが、それを創った人物がいたわけだ。彼女と直接仕事をしたのだが、直接話し合う中で、新しい魔法の世界を創る様は見事だった。想像力は止まる所を知らない。彼女と密接に仕事ができて本当に楽しかった」と感激している様子を見せた。

そして、最後には、ロンドンの会場にJ.K.ローリングがサプライズで登場し「とても興奮しているし、信じられないわ。まるで昔の様ね。時を遡っていったような感じですばらしいわ」と感慨深い様子。「まだいろいろ言えないけれど、脚本を書くことはすばらしい経験で、大好きよ。楽しんだわ。だから、次の作品、更に次の作品という風に書き続けるの」と懐述した。ロンドンをはじめとしてスタンディングオべーションが起き、文字通り全世界が魔法にかかった。

公開を待ちきれない日本でも、全世界での展開同様に年末までの期間限定で『ファンタビ』のハッシュフラッグ絵文字を配信中。ハッシュフラッグとは特定のハッシュタグをつけると絵文字をつけることができる機能で、例えば#ファンタビニュートをつけてツイートするとニュートのアイコンが自動的に表示される!まるでツイートが魔法にかかったように華やぐこと間違いなしだ。

更にレッドメイン、ウォーターストン、スドル、フォグラー、監督、プロデューサーの6名の来日も決定しており、11月21日(月)・22日(火)に作品をイメージした大規模なレッドカーペットイベント、TOHOネマズ 六本木ヒルズ全9スクリーンをジャックしてジャパン・プレミア試写会、公開前日スペシャルナイトイベントも開催予定だ。いよいよ日本にも魔法がやってくる!!

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)全国ロードショー!


(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

■映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』公式サイト
fantasticbeasts.jp

関連記事リンク(外部サイト)

美女の「彼氏いません」がウソじゃないか検証してみた 【明治大学・清水翔子クン】
​ブラッド・ピットは下半身裸で演じた!映画『ファイトクラブ』7つの真実
復活した浜田と小室「WOW WAR TONIGHT」に社畜が感動の嵐 「歌詞が泣ける」
マンチェスターのバカ兄弟!オアシスの「ファッキン裏ベストソング」TOP5+1曲
野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP