ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士通、スマートフォン・タブレット用充電器約30万台を無償交換、プラグ部分が外れる不具合で

DATE:
  • ガジェット通信を≫

富士通は 10 月 17 日、国内で発売したスマートフォン・タブレットの充電器において、コンセントから外す際にプラグ部分だけが抜けてしまう不具合を確認したとして、対象の充電器の無償交換プログラムを開始しました。プラグがコンセントに残って無理に外そうとすると感電する危険性があります。富士通によると、現時点で抜けたと報告されたのは 5 件ですが、いずれも人への被害は発生していません。これを予防するために無償交換を実施しています。対象の充電器「FMV-AC346」は 2014 年 10 月 ~ 2016 年 8 月まで販売された arrows M03、arrows M02、arrows RM02、ARROWS M01、arrows Tab M01T、ARROWS M305、ARROWS M305/KA4、ARROWS Tab M555/KA4 に含まれています。台数は 298,780 台です。Source : 富士通

■関連記事
米国のGoogleストアでPixel / Pixel XL 128GBモデルの注文受付が再開、次回分は「4~5週間以内に発送予定」
スズキの5車種がソフトウェアアップデートで「Android Auto」に対応
Fitbit、スマートバンド「Charge 2」を10月21日に国内発売、「Flex 2」は11月下旬

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。