体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男の胃袋をわしづかみ! 食べて飲んで最後はご飯とみそ汁で〆るというのがこの店流!?【福岡・春吉】

f:id:mesitsu_lb:20160830101723j:plain

福岡の隠れ家エリア「春吉」にあるこだわりの店

「福岡はいいよなあ、メシがうまくて」

こんにちは。福岡にUターンして1年ちょっとで体重が5キロ増えたメシ通レポーターの桂です。

冒頭のセリフは東京で会社員をしていた時の友人が送ってきたメッセージです。

5キロ太ったことを彼に告げたらこう返ってきたのですよ。東京出身の彼の半ば妬みと羨望に満ちた表情が目に浮かびます。

仕方ないよね、実際うまいお店が多いんだし。1年で5キロは自分でもどうかと思うけど、仕方ないよね、うん。

さて、今回訪れたのは福岡市の春吉エリア。福岡市の中心である天神から少し離れたこのあたりは、路地裏の隠れた名店がひしめく美食エリアとして福岡市民のみならず他県から来た出張のビジネスマンや転勤族にも人気のエリアです。

今回お邪魔するのは、そんな春吉にお店を構えて3年弱。前身となる厳選素材を使った料理で名をはせた「飯処たらふくまんま」から通算すると30年近くになる大皿惣菜と一品料理のお店「めしや 女とみそ汁」です。

もう、この店名だけで世の独身男性は胃袋をぎゅっとわしづかみにされたような感覚になりませんか!?

でも、店名だけじゃないんです。ここでいただく料理は、一度食べたら絶対忘れられない程美味しいのです。何度でも通ってしまいたくなるような美食の数々に誰もが圧倒されてしまうこと間違いなし! と言っておきましょう。

天神から徒歩10分程度

少しわかりにくい場所にあるので、最寄り駅からのルートをご紹介。

f:id:mesitsu_lb:20160830101839j:plain

まずは市営地下鉄天神南駅6番出口を出てそのまま国体道路を中洲方面へ。

f:id:mesitsu_lb:20160830101902j:plain

途中、福岡名物・明太子のお店を右に見ながら3分ほど歩きます。

f:id:mesitsu_lb:20160830101924j:plain

すると右手にうどん屋さんがあり、その角を右に曲がりまっすぐまっすぐ。

f:id:mesitsu_lb:20160830101949j:plain

やがて見えてくる税理士事務所の角を左に曲がればすぐです。国体道路から数えて5番目の角ですね。

f:id:mesitsu_lb:20160830102013j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。