ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【美活レシピ】ハロウィンレシピでキレイを磨こ♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家族や友だちと盛り上がりたいハロウィン。ホームパーティーやお弁当などに、かぼちゃのレシピが気になるシーズンでもありますね。実はこのかぼちゃ、美肌のためにとっても嬉しい栄養がたっぷりなんです!ハロウィンに向けて予習しておきたい、かぼちゃの栄養とおすすめレシピをご紹介します!

知ってた? かぼちゃの2大栄養素


肌を強く丈夫にする「βカロテン」

かぼちゃに含まれる栄養素で代表すべきはまず、「βカロテン」。黄色やオレンジの野菜に多く含まれる栄養素で、体の免疫力を高めたり、肌を強くし、美しく保つ効果があると言われています。秋〜冬は寒さや乾燥で、肌荒れも気になる季節。かぼちゃをたっぷり摂って、寒さに負けない肌を作りましょう!

肌の代謝を良くする「食物繊維」

かぼちゃは炭水化物が多く含まれ、ちょっと太りそうなイメージがあるかもしれません。ところが、それを上回るメリットとして注目されているのが「食物繊維」の多さ。100gあたりの食物繊維の量は、同じく食物繊維が豊富と言われるさつまいもが3.8gなのに対して、かぼちゃは4.1g。体の中の余計なものを排出して、肌の代謝を良くしてくれる効果が期待できますよ♪

ハロウィンに作りたい! かぼちゃの美肌レシピ5選

見た目もかわいい♪ お手軽フィンガーフード 【簡単かぼちゃサラダ】


意外なおいしさ! かぼちゃのカレーはいかが? 【かぼちゃのスリランカ式カレー】


豆乳でさらにヘルシー♪ 【かぼちゃの豆乳ポタージュ】


たっぷり作ってみんなで食べよ! 【かぼちゃ好きのクリームペンネ】


かぼちゃ×寒天でもっとデトックス! 【かぼちゃとはちみつのとろとろプリン】

いかがでしたか?食べたくなったらゼクシィキッチンで検索!

おすすめのレシピ

簡単かぼちゃサラダ

かぼちゃのスリランカ式カレー

かぼちゃの豆乳ポタージュ

かぼちゃ好きのクリームペンネ

かぼちゃとはちみつのとろとろプリン

関連記事リンク(外部サイト)

【美活レシピ】まつげを育てる! 3つの習慣
【美活レシピ】美ボディ食材はやっぱり「鶏むね肉」!
【美活レシピ】秋が狙い目!「週末デトックスレシピ」10選

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP