ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本初の磁器食器《有田焼》買取ポイントと買取方法別メリット

  • ガジェット通信を≫

和食器の有名産地は数多くありますが、特に買取で人気があるのが「有田焼」です。ただし、有田焼には製造された時期とデザインによってさまざまな分類があり、素人にはちょっと判断が難しいのが難点です。今回は、ご自宅やご実家などで眠る「有田焼」のうつわを、買取に出そうか悩んでいる方に、抑えておきたい情報をご紹介しましょう。

有田焼とは?


photo by Kohei Uesaka
有田焼は、現在の佐賀県有田町を中心としたエリアで作られている磁器のことです。歴史は古く、戦国時代に豊臣秀吉が朝鮮出兵した際、朝鮮に渡った鍋島藩主・鍋島直茂が朝鮮人の陶工・李参平を連れ帰国しました。

その後1610年くらいに李参平によって白磁鉱が発見され、日本で初めて磁器がつくられました。現在でも、有田町エリアでは李参平を「陶祖」として尊敬していて、陶山神社に応神天皇らと共に祀られています。

伊万里焼と有田焼の違い

江戸時代には、有田焼は伊万里港から海路で運ばれていたため、伊万里焼と呼ばれていました。そのため、有田焼と伊万里焼は同じ物です。その他、波佐見焼などの備前地域で焼かれた器は全て伊万里港から運ばれたため、同じく伊万里焼と呼ばれていました。陸路が整いはじめた明治以降、現在の産地による有田焼、波佐見焼などの名が使われるようになりました。

有田焼の種類


photo by titanium22
長い歴史を持つ有田焼には、時代の流れと流行を受けてさまざまな様式が誕生しました。特に買取で名前が出ることの多い、各様式の特徴と名称を紹介しましょう。

初期伊万里

有田焼が誕生した1610年頃~1640年頃に作られていた器を「初期伊万里」と呼びます。素地は厚めで、染付は青一色。お皿や瓶などの普段使いの器だけでなく、茶道具もつくられていました。技術が不十分だったため、歪みのあるものも多いものの、素朴で大らかさな美しさを持っているのが特徴です。

初期色絵様式・古九谷様式

1640年代、初代酒井田柿右衛門が色絵の製法に成功し、有田焼は非常にカラフルになり、人気を得ます。使う色によって、「五彩手(ごさいで)」「青手(あおで)」などに分けられています。華やかさと躍動感を持つのが特徴です。

1650年代から、オランダの東インド会社によって有田焼はヨーロッパの貴族や王族むけに輸出されるようになりました。繊細で美しい有田焼は一躍人気を集め、当時のヨーロッパでは、有田焼を所有することはステータスの1つだったとか。今でも、有田焼はIMARIの名で世界に名を馳せています。

柿右衛門様式

1670年代からは「柿右衛門様式(かきえもんようしき)」が一世を風靡します。乳白色の素地をたっぷり残し、朱色に近い赤色などの色を用い、絵画のように動植物が描かれているのが特徴です。ドイツのマイセンなどで、模倣したものも多くつくられました。

金襴手様式

江戸時代の1688年~1704年頃に出てきた「金襴手様式(きんらんでようしき)」は、濃い色の染付に色絵、さらに金彩が贅沢に施されたているのが特徴です。器全体に細かく描きこまれたとても華やかな金襴手様式は特にヨーロッパの王族・貴族が好みました。

同時期、磁器の一大生産地であった中国は、動乱の世を迎えていて陶磁器の生産も減少していたため、有田焼の生産が増えた時期でもあります。この頃の有田焼はヨーロッパでは「オールドジャパン」として人気を得ています。

有田焼の買取で気を付けるポイント


photo by Eryn Vorn

相見積りをとる

どんなに有田焼の知識豊富なお店だとしても、幾つかのお店で相見積りをとるのが、高値で買取してもらう最大のコツです。また見積もりをとり、その値段を提示することで、他店との取引も優位に進めることができる場合もあります。

付属品の有無

箱は伊万里焼、有田焼の真贋と作陶者を知る上でも重要な付属品です。もし、専用の箱などの付属品があるなら忘れずに一緒に査定に出しましょう。

まとめて売る

1点より複数の食器をまとめて売る方が、買取額が高くなる傾向があります。買取対象外の食器は買取してもらえませんが、ブランド食器や有名和食器、ブランド品、着物、西洋アンティークなどの骨董品もあわせて買取してもらうのがおすすめです。

各買取方法のメリットとデメリット


photo by Ashley Van Haeften

店頭買取

お店によって、対応している買取方法は異なります。店頭買取は、お店に直接売りたい商品を持って行って査定後、買取してもらう方法です。売りたい時にすぐ現金が手に入るのがメリットですが、予約が必要なお店もあります。売りたい食器が多いと、お店まで割れないように運ぶ手間暇もかかります。

出張買取

出張買取は、自宅や倉庫などにお店のスタッフが来て、その場で査定後買取してもらう方法です。自宅にいながらにして買取が済むので手軽ですが、ほとんどのお店では、出張対応エリアが限られています。また出張対応エリア内でも、売りたい食器の点数が多くないなど、要件を満たしていないと来てくれないこともあります。

宅配買取

宅配買取は段ボールに売りたい食器を入れて、指定住所に宅配便で送ると査定後、指定口座に振り込みされる買取方法です。忙しい方でも手軽に利用できることから、買取店で最も人気の買取方法ですが、食器は割れ物のためかなり厳重にパッキングすることが重要です。

万が一輸送中に割れると、利用する宅配便の会社によっては30万円までの保証がついていることがありますが、査定前の中古食器の価値を計るのは大変難しいようです。非常に高価な古伊万里や伊万里焼は、出張買取を利用した方が事故の恐れがなく安心でしょう。

買取店によっては、空き段ボールや梱包材がセットになった無料宅配キットが利用できたり、着払いが利用でき送料無料のお店もあります。ただし、査定額に納得できずキャンセルする場合は、返送料は有料のお店が多いです。

出張買取での注意点

自宅に業者が訪れ、商品を買取してもらう訪問購入は、かつてはクーリングオフの対象外でしたが、被害が増えたことを受け法改正が進み、2012年から特定商取引法の規制対象になり、押し買い・訪問購入もクーリングオフの対象になりました

クーリングオフの適用条件は、買取申込書か契約書のどちらかを受け取った日を1日目とし、8日以内だったら理由を問わず無条件でクーリングオフができます。ただし申込書や契約書には、法律で定められた記載事項がすべて記載されていなければいけません。

「申込書を忘れた」「契約書はいつも渡していない」など告げたり、簡易な契約書・申込書の店。また契約書・申し込み書に「クーリングオフできない」旨が記載されている場合などは、悪徳業者である可能性が高いので、毅然とした態度で取引を断るのも大切です。

例え契約書・申込書に「クーリングオフ不可」と記載されていたとしても、法律順守が大前提なので、クーリングオフはできます。後々嫌な思いをしないために、また悪徳業者をのさばらせないためにも、数社に見積もりをとることはとても大切なのです。

有田焼の買取おすすめ店

NIKKOUDOU

出典:NIKKOUDOU

食器買取専門店で、特に有名産地の和食器やブランド物の洋食器を高価買取してもらえます。数多くの希少な有田焼、伊万里焼、古伊万里なども多く買取しています。元は骨董品買取から始まったので、古伊万里など希少な器の真贋も安心してお任せできるでしょう。骨董品買取専門の「日晃堂」もあるので、古伊万里などはそちらを利用するのもおすすめです。

買取方法は「宅配買取」「出張買取」の2種類。出張買取の対応エリアは全国をほぼ網羅しているので、気軽にお問合せしてみましょう。宅配買取は段ボールやクッション材、申込用紙が一式セットになった無料宅配キットが利用でき、送料も無料です。いずれの買取方法の場合でも、フリーダイヤルの電話かお問合せフォームで問い合わせしましょう。

まんりょう

出典:まんりょう
骨董・美術品の鑑定で30年の歴史を持っている福岡・平尾にあるお店です。買取対象は広く、金や貴金属、お酒、骨董品、ブランド品、切手など多岐に渡っています。お問合せはフリーダイヤルの電話と、写真を添付できるLINEも利用できます。
買取方法は「店頭買取」「宅配買取(郵送買取)」「出張買取」の3種類。出張買取対応エリアは福岡市など九州の一部ですが、品物によっては全国に対応しているので相談してみると良いでしょう。実店舗は西鉄平尾駅から徒歩2分の場所にあります。駐車スペースも2台分あり、フリードリンクサービスもあります。

有田焼の食器買取まとめ

華やかでていねいにつくられた有田焼は、日本を代表する世界でも人気が高い和食器です。大切な有田焼を買取してもらうなら、価値をきちんと分かったスペシャリストのいるお店を利用するのがおすすめ。後悔しないよう、数社で見積もりをお願いし、より高い値段で買取してくれるお店を探しましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP