体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フラディアのチャイルドシート、買取のための基礎知識まとめ

日本市場だけの特異な製品が存在し続けるのは、何も携帯電話の世界だけではありません。例えば育児用品でも同様にガラパゴス化が進んでいます。その傾向が顕著なのがチャイルドシート、まあ高機能で高価格……これだけ見ていると、日本の経済状態が悪いなんて信じられなくなります。だって、5万とか6万とかいう値札がついたチャイルドシートが売れているのですから。それだけ日本は子どもに対する愛情が深いと好意的に受け取っておきましょうか、それとも……。

フラディアとは

null出典:アップリカ

チャイルドシートの使用が義務化されたのが平成12年……それと前後して、各社チャイルドシートの新製品をこぞって発表したので、随分にぎやかでした。それらの中でも衝撃だったのはアップリカから発売になったもの。なんといっても前代未聞のフルフラットになるチャイルドシート!!それまで(ほぼ)存在しなかった製品です。いかにも居心地の良さそうな「アップリカ・チャイルドシート・アンド・ベッド」はその価格でも衝撃でした。実売10万円弱……以来、スポット的に廉価版が出たり、高い安全基準をクリアしたり、少しずつ進化を重ね現在の「フラディア」の登場となっています。アップリカのベッドタイプのチャイルドシート、フラディア。実売が5、6万円ですから、発売当初と比較すると随分こなれたなという印象です。

フラディアのチャイルドシート買取価格紹介

null出典:アップリカ

2016年モデル

現行のアップリカのフラディアは「グロウ」というサブネームが付いたタイプ。下から順にSTD、DX、HIDXの3グレードが用意され、1色もしくは2色の展開になっています。実売価格は3万7,000?7万3,000円、ボリュームゾーンのDXが6万5,000円前後、色による価格差は販売においてはありません。

フラディア・グロウの廉価版が「ディアターン・プラス」、ベッド状にならないイス型のものが「クルリラ」。以上が現在のアップリカのチャイルドシートのラインナップです。

・フラディア グロウ DX シックブラック 93514 買取上限価格:3万1,471円

2015年モデル

昨年のフラディアのサブネームは「ラクート」、グレードは下から順にファミリー、エレガント、プレミアムが用意されていました。現在、アップリカのWebショップでの取扱は在庫なしとなり生産は止まっていますが、ショップによってはまだ新品の入手が可能で、ファミリーとエレガントの実売価格はそれぞれ4万円中盤と4万円弱となっています。

フラディア ラクート エレガント カレイドレッド 93492 買取上限価格:2万3,350円
フラディア ラクート ファミリー インディゴネイビー 93495 買取上限価格:2万763円

2014年モデル

1 2 3次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会