ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミース・ファンデル・ローエの家具を高価買取してもらう方法

  • ガジェット通信を≫

急な引越しがあると、それまで使っていた家具が思うようにしっくり来なくて、せっかくこだわって購入した家具の買い換えが必要となることがあります。ホームセンターで購入したDIY家具なら処分するのも気楽ですが、ミース・ファンデル・ローエ のような高級家具ともなれば、捨てるわけにもいかず、かと言ってサイズが大きければもらってくれるという友人もなかなかみつかりません。そこで、高級家具の買取事情について解説します。

ミース・ファンデル・ローエとは

20世紀を代表する建築家で、4大巨匠の1人です。住宅では「ファンズワース邸」が現代にも残る名作として有名で、鉄とガラスを使ったムダのない美しさが特徴です。

彼を有名にした作品の中に、「バルセロナチェア」があります。1929年にスペインで開催されてバルセロナ博覧会で、ドイツ館「バルセロナ・パヴィリオン」は、近代建築5原則の一つ『自由なファーサイド』に当てはまる設計方法が採用されたことで有名になり、そこに国王夫妻を招くために彼がデザインしたモダンデザインの傑作と言われた椅子が「バルセロナチェア」です。

ブランド家具は売れるのか?

中古家具の厳しい現状

近年、IKEAやニトリなどのリーズナブルな家具店の進出によって家具業界に変化が起こり、中古家具の買取事情もなかなか厳しくなってきました。それでも、世界中で好評価を受ける高級ブランド家具は、高く売れる可能性は高いです。特に人気があるのは、定番のイタリア家具、近年若いファミリー層に人気の北欧系のヨーロッパ家具は高値査定に期待が持てます。

高値期待のブランド

カッシーナ・アルフレックス・ハーマンミラー・フリッツハンセン・アレッシィチャールズ&レイイームズ・アルネヤコブセン・ミースファンデルローエ・柳 宗理・イサムノグチ・アイリーングレイ

これらの有名デザイナーが手がけた家具には、数万円~数十万円という価格がつくことがあります。日本のブランドで言えば、カリモク・フランスベッド・ヨコヤマ家具なども相場が安定していて、高価買取の可能性が高いブランドです。

インテリア専門の買取店で売る


スピーディ

中古家具を売却するのに、もっともスピーディなのが家具買取の専門店です。家具の取り扱いに関してはプロですから、素人では難しい大型家具の運び出しもお手の物。買取できないような余程ひどい状態でなければ、いくらかの現金を受け取って、あとはお任せ状態で処分が完了します。

ミース・ファンデル・ローエ やカッシーナ、カリモクなどの有名ブランドやデザイナーズ家具なら、オンラインで無料査定をしてくれるサイトも多いので、まずはネット査定を受けてみることをおすすめします。

見る目は確か

家具を専門に扱っているので、梱包や搬出など全て安心して任せることができます。また、中古家具の流通ルートを確保しているので、商品価値を正確に判断した査定が受けられるというメリットもあります。

ただし、高級ブランドやデザイナーズ家具に特化していると、無名メーカーやマイナーブランドの商品は取り扱ってもらえないというケースもあります。

リサイクルショップに売る


身近な存在

今や街のあちらこちらで見かけるリサイクルショップ。生活用品全般を取り扱うショップなら、家具の買取にも対応してもらえます。

ただし、一般リサイクルショップの中には、家具などの大型商品は取り扱わない所もありますから、いきなり持ち込んでも対応してもらえないこともあります。店舗に持ち込む際には、事前に問い合わせるようにしましょう。

査定が安い

家具専門店と比較すると、査定が安くなる傾向があります。また、査定スタッフに高級ブランド家具の知識がなければ、適正な商品価値が判断できずに二束三文の査定になる可能性も高いです。

反対に、キズがあったり古かったりして家具専門買取店で断られた家具が、リサイクルショップでは値段がつくというケースもあります。

店ごとの得意ジャンル

一般リサイクルショップと言っても、各店によって得意とするジャンルがあります。洋服やバッグなどの服飾に強いお店や、ゲームや家電などを得意とするお店、楽器やカメラといった専門分野に強いお店もあります。骨董品に強いショップもありますから、アンティーク家具などはこういったリサイクルショップを探すのも一つの方法です。

ネットオークションで売る


買取店より高値に期待

携帯電話からスマホに変わり、家の中の不用品を気軽に個人売買する人が急増しています。売りたいものを出品した時、タイミングよく「買いたい人」の目に止まれば、買取店へ売るより高額落札される可能性は高いです。

トラブルに注意

限られた写真と文章だけで商品詳細を伝えるオークションでは、実際に商品を受け取った後に「想像していたのと違った」などの理由で返品を要求されるなどのトラブルもおきかねません。どんなに丁寧に説明したつもりでも、落札者がそれを読んだ時、どの程度の想像をするかは予測できません。

時間と手間

オークションでは、出品してから落札されるまで、落札されてから入金まで、入金確認から発送までと、それぞれの段階で時間がかかります。また、家具などの大型商品は、荷物を発送する手間もかかってしまいます。

少しでも高く売りたいと「価格」にこだわる人におすすめですが、スピードと手軽さを求める人には不向きです。

家具買取 3つの方法


宅配買取

自分で梱包できる程度の小さなインテリアだったら、宅配買取ならわざわざお店まで運び込む手間がかからないので、忙しくて時間がない人や、荷物を運ぶ車がないという人におすすめです。

お店によって送料無料の条件が異なるので、利用する前に必ず確認するようにしましょう。

店頭買取

その場で査定を受けて即現金支払が可能なので、とにかく急いで買取してほしいという人におすすめです。大型家具の場合は運び出すのが大変なので、無理して搬出して家具や壁にキズをつけてしまうくらいなら、次に紹介する「出張買取」をおすすめします。

出張買取

買取店では出張エリアを設定しているので、対応エリア内の家具買取であれば断然おすすめの方法です。買取店の査定スタッフが直接自宅まで引き取りにきて、その場で査定・支払いを行います。

また、買取店によっては提携宅配業者の「家財便」を利用するケースもあり、全国対応してくれる買取店もあります。

買取店選びの注意

業者を選ぶ時、ただ事前見積が良かったというだけで選ぶのは危険です。家具やピアノなどの大型商品を専門とする業者の中には、買取る気はなくても「出張費」で儲けようという悪徳業者も存在します。

訪問して現物査定を行った後、キズや汚れに難癖をつけて事前見積とはかけ離れた査定を提示し、買取を断ると出張スタッフ人数分の出張料を請求された・・という報告がいくつもあります。

まとめ

ネット査定だけで、相手業者が信頼できるかどうかは判別できません。メール対応や電話の受け答えだけでも、信頼できる業者かどうかはある程度判断する材料にはなります。最近は電話連絡をしないで、すべてネット上で完結してしまう人も多いですが、高級家具を売る時には面倒がらずに直接対話することをおすすめします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP