ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AAA・浦田直也、Jリーグ「ルヴァンカップ」決勝で5万人が見守るなか国歌斉唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AAAの浦田直也が10月15日に開催されたJリーグYBCルヴァンカップ決勝で国歌斉唱を行った。

埼玉スタジアム2002に両チームの選手たちが入場し整列すると、続いて浦田直也が登場。浦田は緑色のピッチに敷かれた青い絨毯の上にゆっくりと立つと、5万1248人の大観衆が見守る中、国歌斉唱を行った。胸に手を当て、ゆっくりと丁寧に透き通った歌声を響かせると、会場のサポーターたちもそれに呼応するように歌い出し、スタジアムは大きな一体感に包まれた。

試合は、前線から積極的なプレスをかけるガンバ大阪が、前半17分にDFの裏を抜け出したアデミウソンが決めて先制する。だが、後半に入り浦和レッズが盛り返す。そして後半31分には右CKから、途中出場したばかりの李忠成が豪快にヘディングシュートを決めて同点に追いつく。

試合は1-1のまま90分では決まらず延長戦に突入。浦和レッズは駒井善成、ガンバ大阪は呉屋大翔と、それぞれ途中出場した選手が決定機を迎えるがゴールならず。決着はPK戦に委ねられることに。迎えたPK戦では、それぞれ3人目まで成功する中、ガンバ大阪の4人目、呉屋のシュートをGK西川周作がストップする。その後、浦和レッズは5人全員が成功。最後のキッカーとなった遠藤航のシュートが決まると、浦和レッズの優勝が決まった。スタジアムにこだまする「We are REDS!」の大歓声。浦和レッズが13年ぶり2度目の優勝を飾った。

Photo by(c)J.LEAGUE PHOTOS

関連リンク

AAA オフィシャルサイトhttp://avex.jp/aaa/
浦田直也 オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/naoyaurata/
浦田直也 Twitterhttps://twitter.com/un1982?lang=ja
浦田直也 Instagramhttps://www.instagram.com/urata_naoya/?hl=ja

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP