ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ただめし券」で無料になる定食屋の謎

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「TAKE ONE ACTION」。10月16日(日)のオンエアでは、神保町にある話題の定食屋さん「未来食堂」を紹介しました。

●「あつらえ」ができる食堂

「未来食堂」のメニューは、日替わりで一品のみ。18時以降はプラス400円で「あつらえ」ができます。壁に記載している材料から選んだり、「温かいものが食べたい」「ちょっと喉が痛い」などの、気分や体調に合わせて、あつらえてもらうことが可能です。「未来食堂」のホームページには「あなたの“ふつう”をあつらえます」と書かれてあります。

「未来食堂」の小林せかいさんによると、小林さんご自身がもともと偏食家で、学生時代はお菓子ばかり食べたり、ざるそばを一年間食べたりするような生活を続けていたそうです。「自分にとってはそれが普通でも、他の人には驚かれてしまいます。”自分の普通”が”普通”として受け止められる場所は尊いのでは」という思いで未来食堂をオープンさせたそうです。「まさに食の多様性を認める場所ですね」と平井は感心していました。

●ただめしが食べられる!?

未来食堂には「ただめし制度」なるものが存在します。お店の入口の脇に「ただめし券」が貼ってあり、誰でも使えるそう。実は、お店には50分のお手伝いで一食もらえる”まかない”制度があります。会社の帰りに掃除を手伝いに来てくれたり、いつかお店を出したいと思っている人が手伝ってくれたりするそう。中には券を使わずに置いていく人や、ただめし券を置いていくためだけにお店を手伝う人もいるそうで、そういう人が置いていったものが「ただめし券」となるのです。

さらに「未来食堂」では、感想ノートがあります。食材の差し入れをしてくれた生産者に、その食材を使った料理を食べたお客さんが感想を書くノートで、お礼として生産者に送っているそうです。

「生産者の方が感想のメッセージを読んで気に入ってくれて、再び差し入れを送ってくださることがあるんです。先日、北海道の方がニンジンとジャガイモを送ってくださったんですけど、お客さんからの感想を読んで、今度はカボチャを送ってくださるそうで、スープにしようと思っています」(小林さん)

と、うれしい循環が起きています。「小さな定食屋ですが、応援してくださる方がいらっしゃるので、頑張ります」と意気込む小林さん。お店は日・月・祝日がお休み。火曜は15時まで。ちなみに、10月18日(火)は茨城の方からおいしい枝豆が届くことになっているそうです。気になる方はぜひ「未来食堂」のホームページをチェックしてみてください。

さて、10月23日(日)のオンエアでは、世界で活躍するデザイナー、佐藤オオキさんによる、人が人と出会いつながりをデザインする「ソーシャル・プレイス」や、渋谷区長が渋谷区から考える「街と人がクロスする街づくりの未来形」など、未来をより良く楽しくするアイデアをたっぷりお届けいたします!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WONDER VISION」
放送日時:毎週日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP