ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「タウンWi-Fi」が多言語対応開始、レコメンド機能やスポット数も拡充

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社タウン WiFi は 10 月 17 日、公衆無線 LAN サービスへの自動接続アプリ「タウン Wi-Fi」における多言語化への対応を開始し、さらに「レコメンド機能」なども追加しました。多言語対応は、訪日外国人や在日外国人の国内における Wi-Fi スポット利用をサポートするために行われており、まずは、英語、中国語、韓国語に対応しました。アプリの表示言語はシステム言語と連動しているので自動的に設定されます。また、「レコメンド機能」は Wi-Fi 未登録ユーザーのために追加されて機能で、現在地と人気 Wi-Fi の情報を基に、その人にとって最適な Wi-Fi スポットをおすすめします。さらに、京都 Wi-Fi、名古屋 Wi-Fi。AEON Wi-Fi、USEN Spot といった新規の Wi-Fi スポットも新たにサポートしました。これらの新機能はアプリの v2.3.0 に実装されています。「タウン Wi-Fi」(Google Play)

■関連記事
ジェーン、2ちゃんねるブラウザ「JaneStyle」をリリース
Anker、3台同時充電が可能な26,800mAhモバイルバッテリー「PowerCore 26800」を国内発売
Chromeリモートデスクトップがv53でオーディオ転送に対応したらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP