体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネコカフェCat tailの裏ボス メイビーの生き様

裏ボスDSC05066

昨日はたくさんの方々にメイビーと最後のお別れをして頂けましたことを心より感謝申し上げます。また、昨日お昼からの半日しかお時間がなく最後のお別れが出来なかった方々に深くお詫び申し上げます。
一昨日営業終了後、家族で衰弱したメイビーとゆっくり話が出来ました。そして昨夜葬儀をし、メイビーのお見送りをさせて頂きました。
本日お昼以降、お骨になって当店に戻って参ります。当分の間お店におりますので、お越し頂いた時に手を合わせて頂けたらメイビーも喜ぶと存じます。

以上、2016年8月1日当店公式blog冒頭文より。

1歳IMG_4056

当店の裏ボスのメイビーは約2年間の闘病生活の末、2016年7月31日の朝、10才8ヶ月の生涯を終え、虹の橋を渡っていきました。
メイビーは10年前の開業メンバーの一匹です。生後6カ月以内の猫たちは直ぐにお店の環境に慣れることができたのですが、すでに生後9カ月になっていたメイビーはなかなか慣れずに半年が過ぎました。そんな折、近所のブリーダーさんに交配させるメイクーンの雄が必要と言われ、メイビーが行くことになりました。行き先でメイビーは自分より2倍大きなメイクーンの雄と喧嘩し、相手の額に傷を負わせたそうです。約二週間後、帰って来たメイビーはメイクーンの割に4.5kgで身体は小さいままでしたが、たくましくなり部屋の隅っこに隠れなくなりました。偶然にも自分が強いと知ったからです。メインルームではなく、別室のカウチルームで性格の穏やかなマロンと仲良くなる事が再スタートとなりました。その後2年間かけてメイビーは仲良くならずとも他の猫たちと折り合いをつけるようになり店内の縄張りを拡げていきました。ただ自分より1.5倍も大きいカールスに対しては敵対視していました。カールスを睨み付け隠れ家に追い込むことが生き甲斐の様な毎日が数年間続きました。ボス猫マンタへは攻撃しませんでしたが、ボスからの攻撃のほとんどをやんわりかわしていたメイビー。それはメイビーが小さくても裏ボスと呼ばれた理由です。

カウチRマロンと仲良く8095

親友のマロンが急死して1年強の2014年の7月、メイビーの呼吸が早く苦しそうにしていたことが、闘病生活の発端でした。当時行きつけの病院に連れて行くと肺の横に正体不明の薄い影があったものの、取り敢えず処方された薬で症状が治まりました。その後、薬で影が消えるかもしれないので暫く様子を見ましょうとの事でした。次に同じ症状が出たのは約2カ月後の9月中旬、高度医療機器を備えた動物病院に変更し、CT検査を含め様々な検査を受けました。そして生駒店での終盤になる2014年の10月下旬に、肺の横にある雲のような影は病理検査で悪性リンパ腫の腫瘍である疑いが出現、その後外部診断による遺伝子検査結果が返ってきて悪性リンパ腫、癌であることが確定しました。心斎橋移転後の11月中旬でした。幸いにもステロイド薬投与だけで症状は治まり、いつもの元気なメイビーに戻りましたが、当時は余命1ヶ月もありうると医師から言われ、覚悟をしました。
移転後、大阪の動物病院に変え、奈良での診断結果データを基に院長と治療方針を話し合いました。症状が再発した年明けの2015年2月より、1年半弱の期間、抗ガン剤投与によるメイビーの本格的な延命治療が始まりました。因みにペットは保険適用外のため毎月の医療費は少ない時で月5万、多い時は10万程度かかりました。

以下は、2016年8月1日当店公式blog後半部分の文章です。

1 2 3次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。