ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【HOT BUZZ SONG】ピコ太郎「PPAP」がダウンロードポイントも加わり首位に、RAD「前前前世」は2位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のホット・バズ・ソングは、6週連続1位を獲得していたRADWIMPSの「前前前世」を退け、ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が獲得した。

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、YouTube、GYAO!のみを集計し、ネットで話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。先日、ピコ太郎の「PPAP」の動画がYouTubeの週間再生ランキングで世界一になったと大きく報じられたが、日本国内でも首位を獲得。ユーザーが本楽曲を使用して生成した動画(UGC)も含めると、1300万回以上再生されるという驚異的な数字を記録した。その他、Twitterは3位、ダウンロードは19位と他の指標も上位を獲得しており、今回初登場1位という結果となった。

 続いて、2位は人気が衰えることを知らないRADWIMPS「前前前世」。ダウンロード順は7週連続で1位を獲得しており、Twitterは2位、動画再生数は2位とロングヒットの記録を更新し続けている。そして、3位は初登場のB’z「世界はあなたの色になる」が獲得。テレビアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマにも使用されており、動画ポイントはないもののダウンロード2位、Twitterは34位を獲得した。

 その他、自身も出演するドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌、星野源「恋」は、ダウンロード解禁前だが、新垣結衣とのダンスが話題となり、Twitter1位に。動画再生5位のポイントも加わり、ホット・バズ・ソングは8位となった。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2016年10月17日付)
1位「ペンパイナッポーアッポーペン」ピコ太郎
2位「前前前世」RADWIMPS
3位「世界はあなたの色になる」B’z
4位「なんでもないや」RADWIMPS
5位「NANIMONO feat.米津玄師」中田ヤスタカ
6位「道」宇多田ヒカル
7位「My Boo」清水翔太
8位「恋」星野源
9位「涙のない世界」AAA
10位「なんでもないや」上白石萌音

関連記事リンク(外部サイト)

2016年10月16日付 Billboard JAPAN HOT 100
【ビルボード】ハイスタ、星野源とRADを抑え、初登場でJAPAN HOT100総合首位 ピコ太郎、驚異の動画再生1,300万回超えで総合4位
【ビルボード】Hi-STANDARD『ANOTHER STARTING LINE』、星野源・セカオワを抑えて1位獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP