ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中のチャートを席巻するザ・チェインスモーカーズ、待望の新曲「オール・ウィ・ノウ」の内容とは?(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年、ザ・チェインスモーカーズの躍動が止まらない。

 2015年10月、デビューEP盤『ブーケ』をリリースし、本作からの先行シングル「ローゼズ」が、米ソング・チャート最高位6位をマーク、アメリカでは自身初のTOP10入りを果たした。続いて、今年2月にリリースした「ドント・レット・ミー・ダウン」が最高位3位に、そして7月に発売された「クローサー」が、自身初の首位を獲得し、最新チャート(10月22日付)で8週目のNo.1をマークする大ヒットに至っている。

 前2曲の勢いを受けて、9月30日に最新シングル「オール・ウィ・ノウ」をリリースし、10月22日付全米ソング・チャートでは初登場18位にデビュー、次週は4曲連続のTOP10入りを狙う。

 「ローゼズ」では、タイトルにもなった女性シンガー、ローゼズが、「ドント・レット・ミー・ダウン」では、今年「ハイド・アウェイ」がスマッシュ・ヒットを記録したデイヤが、そして大ヒット中の「クローサー」には、「ゴースト」などのヒット曲で知られる、新世代ポップ・アイコン、ホールジーが、それぞれヴォーカルを担当しているが、新曲「オール・ウィ・ノウ」では、米ニュージャージー州出身のポップシンガー、フィービー・ライアンがフィーチャリング・ゲストとして参加している。

 「クローサー」の続編ともいわれている、彼らの代名詞ともなった、メロウ系のエレクトロ・ソングで、関係が微妙になっている2人が、お互いにまだ未練があり、別れに踏み切れない状態であることを歌った、切ないラブソングになっている。フィービー・ライアンの強調し過ぎないボーカルが、この曲のテーマを見事に表現していて、前2曲に劣らない仕上がりの高さと、評価する声も高い。

 リリース同日に公開されたオーディオ・ビデオは、既に3000万回の視聴回数を記録していて、次週はさらにランクアップが期待できる。4曲連続のTOP10入り、そして2曲目となるNo.1獲得にも期待したい。今年リリースした3曲が収録されると思われる、ザ・チェインスモーカーズの正式なデビュー・アルバムも、近日中に発売が告知されるのではないだろうか。

Text:本家一成

◎リリース情報
「オール・ウィ・ノウ feat. フィービー・ライアン」
ザ・チェインスモーカーズ
2016/9/30 RELEASE
https://goo.gl/xv2pCh

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】ザ・チェインスモーカーズが洋楽チャート4週目の首位死守、ブルーノ・マーズ新曲が初登場
【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが遂に8週目のNo.1、次週は3曲TOP10入りなるか
ザ・チェインスモーカーズが早くも新曲リリースへ、一部音源を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP