ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『千と千尋の神隠し』モデル地の噂は?台湾・九份の魅力とおすすめ観光スポット20選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: Chieri Sawada「台湾」

こんにちは。Compathy Magazineライターの川島です。
ジブリ映画の代表作『千と千尋の神隠し』は、日本映画史において歴代興行収入第1位を達成した、大ヒット長編アニメ映画。その『千と千尋の神隠し』のモデルとなったと言われている場所が、台湾にある九份と呼ばれる街です。山に囲まれ自然が豊かな九份には、台湾の伝統的な建物や街並みを見ることができます。
今回は、台北からのアクセス方法をはじめとする九份の基本情報と、九份のおすすめ観光スポットについて紹介します。九份で『千と千尋の神隠し』の雰囲気を体感してみましょう!

九份とはどんなところ?

九份は台湾北部に位置する街。かつては金鉱採掘業で栄えた街ですが、現在はノスタルジックな雰囲気が魅力的な観光地として再び注目されています。また台湾の首都である台北から九份までは約30kmと近く、日帰りも可能な観光スポットとして人気です。
山に囲まれたエリアである九份では、台湾の豊かな自然を体感することができます。また台湾の伝統的な建築様式を用いた建物が並び、街歩きも楽しめるスポットですね。

九份と『千と千尋の神隠し』の関係とは

Photo credit: Amal FM via flickr cc

『千と千尋の神隠し』は、日本の映画製作会社のスタジオジブリが製作した長編アニメ映画。宮崎駿監督作品として世界各地で人気を集めている映画ですね。
映画の公開後、映画の中に登場する街並みや建物が九份をモデルにしているのではという噂が広まり、現在九份は日本人観光客をはじめ多くの人が訪れる注目の観光スポットとなっています。

台北から九份のアクセスを紹介

バスを使う方法

まずは台北駅からMRTの南港線を利用して、忠孝復興駅(3駅)まで向かいます。忠孝復興駅に到着したら、九份行きのバス「台北1062金瓜石」に乗車しましょう。
バスに乗った後は「九份老街」停留所まで直通で行くことができます。
所要時間はMRTとバスを含めて、1時間30分程度、料金は約130元です。バスの料金は先払いでお釣りがでないので、MRTの割引も受けられる交通ICカード・悠々カードを利用するか、小銭でちょうどになるよう用意するようにしましょう。

電車を使う方法

まずは台北駅から台鉄TRAを利用して、瑞芳駅へ向かいます。台鉄TRAには特急の”自強号”と各駅停車の”区間車”があり、どちらも瑞芳駅に停車します。台北駅から瑞芳駅までの所要時間は、自強号の利用で40分(76元)、区間車の利用で50分(49元)です。

瑞芳駅から九份へは、路線バス(台北1062金瓜石)やまたはタクシーの利用で10〜15分程度です。バスは料金が20元ほどと安いですが、満員で乗り切れないこともあります。タクシーはバスと比較すると少し割高ですが、一律205元(4人での相乗りも可)と定額制なので、こちらの利用も検討してみましょう。

不安な方は、ツアーに参加するのも選択肢の1つ

初めての台湾観光で乗り換えなどが不安という方は、台北発の九份観光ツアーも展開しています。台北から九份の送迎もしてくれるほか、現地ガイドや食事などが含まれているプランもあります。
料金は1,500元程度と少し高めですが、旅の予定に合わせて利用してみるのも良いでしょう。

映画のモデル地を探そう!九份のおすすめスポット20選

1. 阿妹茶酒館

Photo credit: Chieri Sawada「台湾」

「阿妹茶酒館」は、九份にある茶藝館&レストラン。『千と千尋の神隠し』のキャラクターである湯婆婆の館・湯屋のモデルになった建物と言われており、店内ではポストカード付きのお茶セットなどのメニューを楽しむことができます。
夜になると赤い提灯に明かりが灯り、なんとも幻想的な光景に。また昼間にはテラス席から九份の街並みを一望できるので、時間帯によって異なる魅力を味わうことができるスポットと言えますね。

阿妹茶酒館
住所:新北市瑞芳区崇文里市下巷20号
電話番号:+8680224960492
営業時間:8:30~24:00(金 8:30~翌1:00、土曜日 8:30~翌2:00)
公式サイト:阿妹茶酒館

 

 2. 九份老街

Photo credit: Akira Ito「台湾珍道中」

「九份老街」は、九份の入り口にある市場です。道の両側に店が所狭しと並んでおり、B級グルメや雑貨などのショッピングを楽しめるエリアです。
看板には漢字がいっぱいで、映画の世界観を彷彿させる街並みが印象的。さまざまなジャンルのお店があるので、ぜひ映画の雰囲気を感じながら散策してみましょう。

九份老街
住所:新北市瑞芳区九份

 

3. 豎崎路

Photo credit: MiNe via flickr cc
 
「豎崎路」は、街の中心を縦に通っている、階段状の細い路地。『千と千尋の神隠し』で階段を駆け下りるシーンに似ており、九份の人気観光地となっています。
こちらは台湾映画『非情城市』のロケ地として使用された場所としても有名で、絶好の写真撮影スポットとなっています。夕暮れ時に坂の下から写真を撮るのが、おすすめのアングルですよ!

豎崎路
住所:新北市瑞芳区九份豎崎路

 

4. 九份トンネル

Photo credit: Ming-yen Hsu via flickr cc

「九份トンネル」は、九份の市街地から少し離れたところにあるトンネルです。映画の冒頭に出てきたトンネルに似ていると評判で、映画ファンが多く訪れるスポットとなっています。
緑に囲まれたトンネルの入り口は、まさに『千と千尋の神隠し』の異世界への入り口にそっくり。トンネルを抜けた先には草原が広がっているので、ぜひくぐってみましょう。

九份トンネル
住所:新北市瑞芳区金瓜石近く
アクセス:九份老街からバスを利用して、金瓜石(黄金博物館)で下車。所要時間は20分ほど。

 

5. 基山街

Photo credit: Ryo Kaga「台北、九份の旅」

「基山街」は、九份のメインストリートにある商店街。お土産店や食堂がずらりと並んでおり、こちらも『千と千尋の神隠し』のごちそうが並んでいるシーンを彷彿とさせますね。
通りには屋根が設置してあるお店もあり、雨の日でも安心して買い物ができるのも嬉しいポイント。基山街には面白い雑貨を扱う個性的なお店も多くあるので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

基山街
住所:新北市瑞芳区基山街
営業時間:10:00~19:00(店舗により異なる)

 

6. 九份茶坊

Photo credit: Katsuhito Watanabe「台北で点心とカフェ巡り」

「九份茶坊」は、九份にある茶藝館の有名店。芸術家のオーナーが経営する中華風の建物は個性的なデザインがおしゃれで、テラス席からは山や海も一望することができます。
店内では本格的な台湾茶を提供しており、付け合せのスイーツとしてパイナップルケーキが名物なのだとか。お茶やスイーツは購入も可能なので、お土産用に持ち帰るのも良いですね。

九份茶坊
住所:新北市瑞芳区基山街142号
電話番号:+886224969056
営業時間:9:30~21:00
公式サイト:九份茶坊

 

7. 瑞芳鎮基山觀海亭

Provided by

「瑞芳鎮基山觀海亭」は、九份の高台にある展望台。無料で入場することができ、街や海の景色の観賞スポットとして人気です。
2F建ての展望台は1Fと2Fで異なる景色を楽しむことができ、写真撮影をする多くの観光客で賑わいを見せます。旅の思い出作りに、九份の景色をカメラに収めてみてはいかがでしょうか?

瑞芳鎮基山觀海亭
住所:台北県瑞芳鎮瑞金公路
アクセス:舊道バス停より徒歩1分

 

8. 頼阿婆芋圓

Provided by

「頼阿婆芋圓」は、芋圓と呼ばれるタロイモ団子を扱う人気店。看板メニューであるタロイモや小麦粉などを練り込んだスイーツは、程良い甘さとモチモチの食感が絶妙な組み合わせです。
こちらのタロイモ団子には4種類のメニューがあり、小豆や緑豆、かき氷などのトッピングを選ぶことができます。テイクアウトも可能なので、食べ歩きグルメとしても最適ですね。

頼阿婆芋圓
住所:新北市瑞芳区基山街143号
電話番号:+886224975245
営業時間:8:00~20:00

 

9. 阿柑姨芋圓

Photo credit: Momoko Nishikawa「台北女子旅♡ グルメ&ショッピング!」

「阿柑姨芋圓」は、九份名物の芋圓を提供するお店です。九份の街を登っていった高台にあるお店で、店内から九份の街並みを望みながら、タロイモ団子をいただくことができます。
阿柑姨芋圓のスイーツは、量も多くボリューム満点であるのが特徴。暖かいものと冷たいもの、練乳などのトッピングなども選択できるので、自分好みのタロイモスイーツに挑戦してみましょう。

阿柑姨芋圓
住所:新北市瑞芳区豎崎路5号
営業時間:9:00~21:00(土日 9:00~23:00)

 

10. 閒晃金瓜石館

「閒晃金瓜石館」は、九份エリアにある洋風のホテルです。白と黒を基調としたスタイリッシュなデザインのホテルで、黄金博物館など九份の観光スポットからのアクセスも良いロケーションが魅力です。
館内にはWi-Fiやシャワールーム、バーなどが完備されており、ホテルからの眺めも抜群! 九份を訪れる際は、こちらのホテルを拠点に旅のプランを立ててみるのもよいでしょう。

閒晃金瓜石館
住所:新北市瑞芳區金瓜石山尖路173号
電話番号:+886224966027
営業時間:チェックイン15:30、チェックアウト11:00

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP