ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

8組の夫婦を誕生させたノンケばかりのゲイバーとは!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

いわゆる色物としての扱われ方ではなく、半ばひとつの芸風として地位を確立しつつある「オネエ系」のタレントが増えつつある昨今。今回紹介するホリプロコム所属のお笑い芸人ユーマさんは、お笑い芸人としての活動はもちろんのこと、なんと、新宿二丁目にゲイバーを構える経営者としての一面も併せ持っている。一体どんなお店なのか、その全容を探っていきたい。

ゲイがあまり来ないゲイバー

新宿二丁目でゲイバーを二軒やっているというユーマさん。近年メディアでの露出が増えていることもあってか、二丁目という街自体に多くのノンケさん(ゲイではない人々)が出入りするようになってきているのだという。その為、ユーマさんのお店を訪れるお客さんの内、9割はノンケで、男女の出会いの方が多いのだという。店を始めてから今までに、男女のカップルが32組生まれ、8組は、なんと結婚までエスコートしたのだそう。

ワンクッションになるオカマ

オカマを介することで話しやすくなるというか、私たちって、男の感性も女の感性も持ってるので、ふたりの間に入ることによってワンクッションになるんですよ」と語ってくれたユーマさん。例えば、お酒が入ってきたのを見計らって、ユーマさんが下ネタを女性に振る。それで、女の子がくすくすって笑ったりすると、男は「この子はは結構下ネタが行けるんだな」みたいなことが分かる。男の方からだと、最初のうちはそういう話がし辛いのを、オカマがワンクッションになることによって起こる化学反応があるのだそう。

どんな子か引き出してよ!


常連のお客さんになると、事前に「今から新しい女の子連れて行くから、どんな子か上手いこと話をして引き出して」という電話が掛かってくるのだそう。男の前だと言えないけれど、オカマの前だと本音で話してくれたり、人間性が見えてくる。その流れからの成功率が高いようで、「別途料金を頂こうか」と思っているくらいだそう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP