ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「今日もお腹に居てくれてありがとう」 切迫早産で妊娠28週から絶対安静の入院に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20160502195856j:plain

「切迫早産」という言葉を知っていますか?

恥ずかしながら私自身は、この言葉を知ったのは妊娠をしてからでした。

そして、まさか自分がなるとは思いもしませんでした。

切迫早産とは、早産になりそうな状態の事を言います。

症状は多々有るようですが、私の場合はほぼ自覚症状はありませんでした。

振り返ってみるとお腹の張りがありましたが、初産婦だった私には当時「張る」という感覚が分かりませんでした。

先生曰く、お腹が硬いとのことです。

「張る」ことにより赤ちゃんが下がってきてしまい、産道が通常より短くなってしまうのです。

ちなみに、妊娠中とはいえ事務職だったので、妊娠前と変わらず残業もしていました。

ふと考えると、周りに迷惑を掛けないように少し無理をし過ぎたのかとも思います。 関連記事:子宮頚管が2.5cmになったら要注意!「切迫早産」 ~産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと~

そんな中、切迫早産と診断されたのはいつもと同じ検診時、妊娠26週でした。

先生の指示で突然の自宅安静により、仕事・外出・家事禁止とのことで戸惑いました。

張り止めの内服薬をもらい、仕事をしていた生活からガラッと変わりました。

突然の診断に不安と恐怖で泣きながら帰宅したのを今でもはっきり覚えています。

その日から、心配性だった私は先生の指示通り服薬とほぼ寝たきりの毎日を過ごしていました。

しかし、ちょうど2週間後の検診時に症状は悪化し、緊急入院のため大きな病院へ運ばれる事になったのです。

不思議と恐怖よりも、病院でいつでも診てもらえる安心感の方が大きかったです。

まだ妊娠28週だった私は、この日から約2ヶ月間の長い入院生活と24時間の点滴が始まりました。

点滴の副作用がとても強く、動悸と手の震え・身体の火照りに悩まされました。

幸い、赤ちゃんはお腹の中で元気に成長していたことが私の励みになりました。 関連記事:1200グラムの我が子を守りたい!切迫早産で絶対安静の入院生活。母親としての覚悟を決めました

関連記事リンク(外部サイト)

4人目の妊娠中、切迫早産で入院することに…。不安な心を支えてくれた家族のサポート
子宮頚管が2.5cmになったら要注意!「切迫早産」 ~産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと~
10年ぶり3人目妊娠! 予想外のアラフォー妊婦生活で家族みんながてんやわんや

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。