ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「東京を編集する」をコンセプトとした新たな取り組みを行う『本屋 EDIT TOKYO』 開店。100 人の編集者による 100 夜のトークイベント」の開催も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

EDIT TOKYO _LOGO
東京・銀座 ソニービルではNUMABOOKS(代表:内沼晋太郎)と博報堂ケトル(代表:嶋浩一郎)が共同経営する『本屋 B&B』による、『本屋 EDIT TOKYO』を 11 月 1 日(火)に開店。営業は期間限定で 2017 年 3 月末までを予定している。『本屋 EDIT TOKYO』は、本屋 B&B での実績をベースにしながらも、「東京を編集する」をコンセプトとした新たな取り組みを行う本屋。メインイベントとして、東京・下北沢で毎日イベントを開催している本屋 B&B のネットワークを活かし、月曜から金曜 まで、書籍・雑誌・WEB メディアの編集者を招いた「100 人の編集者による 100 夜のトークイベント」を開催する。 記念すべき第一回目の登壇者は、雑誌ぴあの初代編集長 矢内廣さんに決定。店内では、『本屋 EDIT TOKYO』がセレクトした、東京をテーマとした選書コーナーの設置や、東京の日用品をテー マとした厳選のこだわりアイテムを展示・販売。
ぜひご来場の上、今まで知らなかった新しい「東京」との出会いを体感しよう。

 

■「本屋 EDIT TOKYO」 概要
店名 : 本屋 EDIT TOKYO
場所 : 銀座 ソニービル 6F (6AB フロア)
東京都中央区銀座 5-3-1 http://www.sonybuilding.jp/access/
電話番号 : 03-6274-6892
営業時間 : 月-金 11:00-21:00 土日 11:00-19:00
定休日 : 2017 年 1 月 1 日(土)、法定点検日
『本屋 EDIT TOKYO』では、本屋 B&B でのネットワークに加えて下記のイベントや展示・販売を行います。
※イベントの詳細は『本屋 EDIT TOKYO』WEB サイトでご確認ください。 http://www.edit-tokyo.com/

■「東京」をテーマにした選書コーナーを設置
ファッションやカルチャーの発信地である東京・銀座。
『本屋 EDIT TOKYO』では、東京をテーマにした書籍・雑誌をセレクトした選書コーナーを用意。 今まで皆さんが知らなかった、東京をテーマに描いた本との新しい出会いを提供する場を目指します。

■「100 人の編集者による 100 夜のトークイベント」
『本屋 EDIT TOKYO』では、新しいコト、モノ、ヒトが「東京を編集する」のテーマでつながることで、銀座をさらに盛り上げることを目指し、東京や世界で活躍する編集者やゲストによるトークイベントを、毎週月曜日から金曜日の 19:00 か ら 21:00 まで開催いたします。トークイベントの参加費は一律で 2,000 円(税込)。

■東京の日用品をテーマにしたこだわりのアイテムの展示・販売 東京の日用品をテーマにセレクトした厳選のこだわりアイテムを展示・販売。

 

『本屋 EDIT TOKYO』コンセプト
銀座で、5 か月の期間限定で営業する、小さな本屋をやることになりました。 コンセプトは「東京を編集する本屋」、名前はそのまま「本屋 EDIT TOKYO」。
2020 年を目前にした東京、その一等地である銀座。
平日の営業日を数えたらなんと、ちょうど 100 日。そこで、100 人の編集者のみなさんと一緒に、100 夜のイベントを開 催する、「お祭り」のような本屋にすることにしました。
私たちが下北沢「本屋 B&B」でやっていることに、ひとつ「東京」という軸を通して、本とイベントを「編集」して、みなさんをお迎えしたいと思います。
いずれ 5 か月が経てば、終わりがやってくるでしょう。 けれど、そこから店という空間がなくなっても、そこで話されたことが、未来の東京の歴史の一部をつくり、そこに訪れたことが、未来のあなたの記憶の一部になることを願って、一日一日、その「お祭り」を続けていこうと思います。

ソニービル TEL:03-3573-2371(代表) 受付時間 11:00~19:00 〒104-0061 東京都中央区銀座 5-3-1 http://www.sonybuilding.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。