ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kudu Blue『Call Out』Interview

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NeoL Magazine JP | Text: Ryoko Kuwahara | Edit: Ryoko Kuwahara

ーーKudu Blueというバンドについて教えていただけますか? いつどういう経緯で始まったんですか?

Kudu Blue「Kudu Blueとして活動を開始してから2年が経ちます。もともと僕たちは友達で、別のプロジェクトで一緒に仕事をしていたんです。トムとオーウェンがプロダクションデュオとしてバンドを作り、そこにクレムがジョインして一晩で曲を書き上げ、そこから一気に本格化して、クリーダとデイルが加入しKudu Blueが誕生しました」

ーーKudu Blueというバンド名の由来は?

Kudu Blue「僕たちはアフリカに生息する野生動物が大好きで、Kuduはウシ科の中で間違いなく最高の種だと思うんですが、ある晩ジェスチャーゲームを皆でしていて『Kuduっていいね』となったんです。Blueは僕たちが二番目に好きな色だったのと、Kuduと韻を踏んでいていいかなと」

ーーあなた方の音楽はエレクトロでテクノロジーサウンドを多用していますよね。それでいてどこかアコースティックにも聞こえます。曲作りのインスピレーションはどこからきているのですか?

Kudu Blue「僕たちはすべての曲を時間をかけて作ります。アコースティックなサウンドだけでは作れない面白い要素を取り入れたいなと思っていて、あとは曲の流れと、バンドだからこそできることも作る上で重要なポイントです。あとは生要素。これらをブレンドしながら作っています」

ーーいつも音楽のことを考えていますか? なぜ音楽を作るのですか?

Kudu Blue「間違いなく音楽は僕たちの生活の大半を占めていますね。曲を作るのは、好きだから。逆に作ってないと変なかんじです」

ーー「Call Out」という曲はとても良いですね。コンセプトなどを教えてもらってもいいですか?

Kudu Blue「この曲は古き良き愛、そして特別な絆がもたらす感情を書いた曲です」

ーー曲のアイデアは普段どこからくるのですか?

Kudu Blue「まずメロディから思いつきます。そのあとに歌詞をつけます」

ーー曲を作る上で何かテーマはあるのですか?

Kudu Blue「僕たちはその時その時にぴったりくると感じた曲を書いています。もし何らかのテーマが見えるとしたら、全体像が出来上がり後から気づくことが多いでしょうね」

ーーKudu Blueはとにかくボーカルがとてもエモーショナルでパワフル、それでいてノスタルジックなんですが、「歌える!」と気付いたのはいつですか?

Kudu Blue「ありがとうございます。ありきたりの答えかもしれませんが、クレムは物心ついたときから歌っているんです」

ーーレコーディングとライヴ当日はどんなかんじなんですか?

Kudu Blue「その日によりますね。オーウェンかトムの家で食事を作りながらレコーディングする時もあれば、朝から晩までスタジオにこもってやっている時もあります。ライブはとにかく楽しいです。皆で車でライヴ会場までロードトリップさながら移動し、道中はずっと笑っていますよ。会場は音響システムがすばらしい場所が多いので、いつもライヴをするのが待ち遠しいです」

ーーもし誰かとコラボレーションする機会があるとしたら、誰としたいですか?

Kudu Blue「コラボはやりたいねって仲間とも言っているんです。特にマジッド・ジョーダンとはいつか一緒に作ってみたいですね」

ーーよく聴くアーティストはいますか?

Kudu Blue「ニコラス・ジャー、ノー・ウォーリーズ、ファティマ・ヤマハ、ニルス・フラムあたりはよく聴いています」

ーーあなたたちにとって“音楽”とはなんですか?

Kudu Blue「音楽は常にそこにあるものです。昔を思い出したり、ハッピーにしてくれる力があります。何よりも、そして誰よりも好きですね」

ーー音楽を作る上で何か参考にしているものはありますか?

Kudu Blue「ないですね。僕たち5人が自然に作れるものを作っているだけです」

ーーあなた方にとって現代のユース・カルチャーとはなんでしょう?

Kudu Blue「あまりにもSNSに支配されすぎだなと思いますが、その結果として素晴らしい作品が生まれることもあると思います」

ーー現代の音楽のトレンドはどこから生まれると思いますか?

Kudu Blue「説明が難しいですが……音楽の消費の仕方がとても変わったと思います。昔ながらのアナログなやり方ではなく、アルゴリズムを多用した方法で音楽を探すやり方になっていますよね。でもラジオやブログにも良いところはまだたくさんあると思います」

ーー好きなYouTubeチャンネルはありますか?

Kudu Blue「Majestic Casualでよく新しい曲を探しています。あとはtrololol guyとか」

ーーロンドンでおすすめのお店やアーティストを教えてください。

Kudu Blue「ペッカムにあるFrank’s Barは夏は特におすすめです。あとはBussey BuidingとかプールバーのCannivansとか。Fabricも最高なんですが、ここ数ヵ月ずっと閉まってますね。ロンドンに行ったら見るべきアーティストはエリック・ラウ。彼のライブは最高ですよ」

ーー最後に今後の予定をお聞かせください。

Kudu Blue「ライブが2つあります。ひとつはロンドンで、11月16日にストーク・ニューイントンにあるThe Waiting Roomsで、翌17日にはブライトンのThe Hope & Ruinでやります。あと、新曲がすぐに出ます!」

text & edit Ryoko Kuwahara


https://itunes.apple.com/us/album/call-out-single/id1122666365

NeoL Magazine JP | Text: Ryoko Kuwahara | Edit: Ryoko Kuwahara

_Q1.How and when did it started? Your music background

It’s coming up to two years now since we first started making music as Kudu Blue. We had all been friends for a while and worked with each other on various other projects. Tom and Owen started the band as a production duo, Clem came in and wrote a track one night and we were all really in to it so got Creeda and Dale on board to form a band.

_Q2. How did you come up with name?

We really love African wildlife and the Kudu is definitely the best type Antelope, we decided that one evening over a game of charades… Blue is our second favourite colour and it rhymes.

_Q3. It’s really electro and you are always using technology, But I feel like I’m listening to acoustic music. What was your inspiration?

Yeah we spend a long time on the production of each track, we like to go in and add interesting elements that you wouldn’t be able to achieve with acoustic music. It’s still important to us that the tracks flow and work as a band, we still have so many live elements and enjoy blending the two together.

_Q4. Were you always into Music? Why you make?

Without a doubt, music has always been a big part of all of our lives. We make music because it’s what we love doing and it would just feel weird not to be doing it to be honest.

_Q5. I really like your song “Call Out”._Can you tell us about “Call Out”? Concept, Feelings, such Details

It’s about good old love and the feeling a special connection gives.

Q6. How do you usually come up with song idea?_The feelings if you are to say in a word._

It Usually starts with a melodic idea and then lyrics follow.

Q7.You’re in the process of pulling the record together,Have you noticed any themes emerging?

We write music that feels right at the time. If themes emerge I think we will probably notice them in hindsight as we put out a bigger body of work.

Q8. Your vocal is emotional and powerful, nostalsic. Whed did you realize you could sing? _

Thanks very much, Clems been singing for as long as she can remember, cliche but true.

Q9. Can you describe the day of Recording and Live show.

It depends on the day, some days recording are spent making food and hanging out at owen or tom’s, other days we’re in the studio from 11am to 11pm. Gigs are always fun, it normally involves a little road trip and we have a laugh on the way. we’re lucky because most of the shows we play now are in great venues with amazing sound systems, so we’re always looking forward to playing live.

Q10. If there is any collaboration opportunity, who do you wanna work with?_

Yeah we’re always up for working with others. We’d especially like to work with Majid Jordan.

Q11. What kind of Music you listen to? Name of Artist?_

All kinds like Nicholas Jaar, Nxworries, Fatima Yamaha, Nils Frahm

Q12. What is “Music” to you?
Music is always there, it has the power to make you reminisce or feel euphoric. We love it as much as anything or anyone else.

Q13. Is there fashion reference in your music?

Nah, we just make what we naturally make as a group of 5 friends.

Q14. What’s youth culture today to you?

Far too controlled by social media, but there are some incredible acts around at the moment as a result.

Q15. Where do you think the music trend comes from today?

It’s a bit hard to say. The way that people consume music has changed a lot recently, and people are more and more discovering music through algorithms that create playlists, rather than conventional methods. There is still a lot to be said for blogs and radio stations though.

Q16. What’s your favorite Youtube?

Do like Majestic Casual for discovering new songs. And the trololol guy.

Q17. Can you tell us your favorite place(shop, bar ,anywhere) and people( musician, designer, artist) in London-

Frank’s bar in Peckham is always good in summer, and the Bussey Building, or Cannivans pool bar. Obviously Fabric was a great place, but we’ve seen it get shut down in recent months. Eric Lau plays a lot in London. Love his shows.

Q18 Any news, or highlight you want us to note about?

Two headline shows coming up. London- The Waiting rooms in Stoke Newington on the 16th November & Brighton The Hope & Ruin on the 17th. Plus new music realllll soon

text & edit Ryoko Kuwahara


https://itunes.apple.com/us/album/call-out-single/id1122666365

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP