ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【コレカラ Vol.4】ファンと一緒にクロスカウンター!アイドルグループ『PLC』岡部祐美インタビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


“これから”注目すべきアイドルに話を伺い、これまでのことを振り返りつつ、今後の活動についても語っていただくインタビュー企画【コレカラ】。

第4弾は、9月21日に6枚目のシングル「クロスカウンター」を発売するアイドルグループ・PLCから、リーダーの岡部祐美さんにインタビューを敢行。ユニットのことや、プライベートのこと、そして発売されるニューシングルのことなどを伺った。さらに、ご本人からのメッセージ動画も。

 
――本日はよろしくお願いします。
岡部さん:よろしくお願いします!

――まずPLCとはどのようなユニットなのか教えてください。
岡部さん:パールレディーっていうタピオカ屋さんのイメージガールから飛び出したユニットです。

――それでは、アイドルを目指したきっかけを教えてください。
岡部さん:小さいころからアイドルが好きで、小学生のころに「モーニング娘。」さんが人気で、わたしもそのときからアイドルを好きだったんです。そのときは目指していたわけじゃないんですけど、ずっと好きで憧れではありました。


――やっぱり「モー娘。」世代なんですね。そんな岡部さんですが、意外なことに運動が得意で、器械体操をされていたことがあるそうですね。
岡部さん:そうなんです。アメリカに住んでいたときなんですけど、器械体操や競技トランポリンをやってました。日本に帰ってきてからは、高校の部活で競技チアリーディングをやってました。

――ということは、英語も話せると。
岡部さん:そうです。アメリカに6年住んでいたので。

――どのくらいアメリカに住まれていたんですか?
岡部さん:小学校3年生から中学校を卒業するまでで、高校入学の直前に帰ってきました。

――なるほど。話は変わりますが、Twitterを拝見したところ、先日お友達と旅行に行かれたそうですね。
岡部さん:あっ! よく見ていらっしゃいますね(笑)

――ちなみにどちらへ?
岡部さん:静岡県の下田に行ってきました。

――旅行はよく行かれるんですか?
岡部さん:全然行かないです! いま大学4年生で最後なんですけど、はじめて友だちと二人きりで旅行に行きました(笑)

――じゃあその旅行が初めてだったんですね。
岡部さん:そうなんです。


――普段からあまりアウトドアではないんですか?
岡部さん:そうですね。普段からあまりアウトドアは好きじゃなくて、どちらかというと家に籠っていたいタイプなんです。でも今回は、夏だし、海が綺麗なところに行きたいねって話し合って行くことになりました。

――それでは、普段の休みの日はインドアなんですね。
岡部さん:ほぼ家にいますね。友だちと会う予定が無ければ絶対家にいますね(笑)

――なるほど。そんな岡部さんが所属されているPLCさんが、6枚目のシングル「クロスカウンター」をリリースされました。こちらどんな曲になっていますか?
岡部さん:これまでPLCは、凄く可愛らしい楽曲が多かったんですけど、はじめてカッコいい曲になって、ダンスも今まで以上に凄く激しく踊っている曲で、ライブで盛り上がること間違いなしな曲になっています!

――聞き所やライブでの注目ポイントはありますか?
岡部さん:ライブ中の振り付けで、パンチをするところがあるんです。それで曲名が「クロスカウンター」なので、お互いがパンチするじゃないですか。そのとき、ファンの人も一緒にパンチしてくれるとクロスカウンターが成立するので、是非ライブに来ていただいたときは一緒にやっていただければなと思います。

――分かりました。それでは最後に、ユニットや個人として今後の目標などを聞かせてください。
岡部さん:もう少しで4thワンマンも開催されて、クロスカウンターも発売されたので、たくさんの方に聴いていただきたいですし、たくさんの方にPLCを見に来てもらって、好きになってもらうというのが目標です。その中で、わたしを推してくれる人も増やしていくのが目標です(笑)

――応援しています。ありがとうございました!

■PLC・岡部祐美 メッセージ動画

https://youtu.be/ik5K-dLb28k

■PLCオフィシャルサイト
http://plc-official.jp/

■岡部祐美Twitter
https://twitter.com/plc_yumitan

※画像・動画はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 櫛名凌) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP